fc2ブログ

月の光 109

 橋本達の乗った飛行機が、関門海峡上空に差しかかった時、一帯は厚い雲に覆われていた。九州と、本州を分ける海峡は、空まで分けていたかのようだった。

 「もうすぐ、板付基地空港ですが応答がありません。」陸軍省から派遣された機長の大島がそう言って、指示を仰ぐために橋本を振り返った。

 「すべての、通信が遮断されているようですね。目視での着陸は可能ですか?」

 「この雲の厚さでは、地上も霧で覆われていると思います。かなり難しいかと・・・」

 「そうですか。分かりました、我々の方で対処しましょう。」橋本はそう言うと、傍らの派遣職員に向かって、操縦をするように指示した。

 NGX4001というネームプレートを付けた、一人の職員が、機長に代わり操縦席に着いた。

 「飛行機の操縦は初めてですが、できますか?」橋本の質問に、操縦席に座った職員は黙って頷いた。

 下総香取の航空宇宙センターからの、飛行期間中、彼ら職員たちは誰一人、言葉を発することがなかった。それだけでも、この陸軍省から派遣された大島にとっては、余り快適ではないフライトだったが、ここで操縦を代わった派遣職員が、飛行機の操縦経験がない事を知り、ぎょっとして目をむいた。

 「橋本本部長、その方は操縦経験がないのですか?」

 「ええ、でも心配は要りません。彼らは、特殊な訓練を修了していますので。今回も、彼らにとっては実戦経験を積むためのものなのですが、電子機器とのアクセスは彼らにとっては全く簡単な事なのです。」

 大島は、橋本の説明を聞いても、到底納得できなかったが、この空の上では今更どうすることもできなかった。

 濃い霧の立ち込めた、板付基地空港は、それでもかろうじて赤いライトだけは点灯していた。派遣職員100名を乗せた、大型の軍用輸送機は、無事着陸した。

 出迎えたのは、陸軍省九州防衛局の田上局長だった。

 「田上さん、早速ですが、この板付基地空港も既に通信回線が切断されているようですね。状況を説明してもらえますか。」橋本は、出迎えた田上局長に挨拶もせずに、いきなり状況確認を求めた。

 「はい、実際のところ、北部九州地方管区全体で通信網がマヒしています。ですから、住民の日常生活もままならず、かといって、我々の方でも応援どころではないと言うのが現状です。」

 「ということは、政府としての機能が果たせていない、ということですか。」

 「お恥ずかしながら、そうなります。」

 「対策はどう考えているのですか。」

 「現在の所、各地の避難所に住民を集めているところです。通信による連絡網が使えないため、避難所に、食料や民生品を運ぶことで、住民の安全を確保したいと考えています。」

 田上局長の説明は、通信網が破壊された九州北部が既に、住民の安全も脅かされるような非常事態であることを示していた。

スポンサーサイト



月の光 110

 橋本は、田上局長の報告により、事態が予想以上に悪化していることを知った。

 「それでは、まずこの板付基地空港の通信網の復旧から始めましょう。」

 橋本の指示により、派遣職員たちは2つの部隊に分けられ、NGX4001からNGX4050までは地上階の復旧。そしてNGX4051からNGX4100までは、地下施設の復旧に取り掛かった。

 彼らの作業は一見して奇妙なものだった。何の工具も用意せずに、彼らは機械に素手で触れていた。そしてその手の指の先からは紫色の光のようなものがぼんやりと見えた。

 その様子を見ていた大島は、怪訝そうに橋本に尋ねた。「彼らは、一体何をしているのですか。見たところ、ただ機械設備の上を手で撫でているだけのように見えますが。」

 「ええ、彼らは触れることによって、機械内部の信号システムにアクセスしているのです。」

 「そんなことが、可能なのですか?」

 「はい、それが彼らの能力なのですよ。ご覧になったように、彼らの指の先から光が発せられています。あれが、信号となっているのですよ。」

 橋本の説明は、大島にとってはますます混乱をもたらすものだった。「彼らは、人間ですか?それともロボットなのですか?」

 「そのどちらでも、あります。強いて言えばサイボーグのようなものです。彼らは、改良されたヒューマノイドなのです。」橋本は、微笑しながら説明した。

 それは、大島には到底理解できないことだろうが、その理解は必要ないのだ、と言わんばかりだった。

 ヒューマノイドたちの作業は順調に進んだ。彼らの指先から発した光は、ファイバーケーブルを修復しながら進み、システム全体のケーブルを新たに生成していった。


 作業開始から数時間がたち、板付基地空港での復旧作業が完了に近づいたのは深夜2時を過ぎていた。その時、空港に新たに陸軍の車両が到着した。

 到着した車両から降りてきたのは、玄界灘原子力発電所の職員と、陸軍の兵士だった。通信回線が使えないため、夜を徹して走ってきたという。

 「一体何事だ?」田上局長は、駆け込んできた、陸軍兵士に尋ねた。

 「局長、緊急事態です。玄海灘原子力発電所の冷却装置が動作停止しました。」

 玄海灘原子力発電所は、既に廃炉が決定し現在は運転中止となていたが、まだ解体作業の途中であった。

 「玄海原子力発電所は既に、運転中止になっている。廃炉に向けて作業中だったのではないか?」

 「しかし、まだ解体が完了していませんので、核燃料棒の発熱が続いている為、冷却装置が必要だったのです。このままでは、冷却水が蒸発してしまいます。」

 冷却水が蒸発してしまえば、原子炉の核燃料は臨界に達する可能性があった。田上局長は予想外の事態に顔が青ざめた。

月の光 111

 玄海灘原子力発電所では、既に運転停止し、廃炉が決定してからも30年がたつ。だが、廃炉の作業は遅々として進まなかった。1世代に相当する年月であり、問題は費用だけではなく技術者の不足にあった。

 原子力発電の技術が放棄された以上、それを専門に学ぶ若者はいなくなった。ただでさえ、人口減少の為若い技術者が不足しており、政府は有用な再生エネルギーの技術を確保するため、既に不要となった核技術に対する支援を減少させたのである。

 その為、廃炉計画は立てたものの、それを実行する人的資源が不足してしまった。玄海灘原子力発電所でも、技術者不足は深刻で、このように冷却装置の電源が失われると言う不測の事態に対応できなくなっていた。
 
 田上局長は「直ぐに迎撃核ミサイル担当の技術者を招集し、玄海灘原子力発電所に派遣する。」このように命令を下したのだが、前途は険しかった。

 陸軍省にはこの時、核ミサイルを自力で開発する技術はなく、他国の技術者の指導に頼っている状態だった。その為、迎撃核ミサイル担当の技術者と言っても、通常の原子力発電に関しては知識も経験も殆どなかった。

 一方、橋本率いるヒューマノイドの部隊は、もうすぐ作業が完了するところまで来ていた。

 田上局長は「本来の任務とは異なるかも知れないが、原子力発電所の応援を頼めないか。」と橋本に依頼した。

 橋本は、暫く思案していたが、「こちらの作業は、ほぼ完了見込みですので、出来るだけの人員を派遣しましょう。ただ、予定外の作業になりますので、私も同行しますが宜しいですね。」と、自ら応援に行くことを告げた。
 
「勿論です、そうして頂ければ有難い。」田上局長は、橋本から思った以上の協力が得られたと喜んだ。

 橋本は、空港に残すヒューマノイドNGX4001以下60名に作業の完了を指示し、深夜というよりも、もう明け方に近い午前3時、空港バスにヒューマノイド40名と共に乗り込んだ。

 霧は一向に晴れる様子はない。高速道路を走る車はなかったが、時折、雷鳴と共に稲妻が走った。福岡を過ぎ玄界灘にでると、霧はいつの間にか雨に変わっていた。海岸沿いを走る高速道路には、絶えず日本海からの強風が吹きつけ、雨と一体となった波が道路を犯していた。

月の光 112

 原子力発電所の周囲には全く明かりが見えなかった。非常用の電源も作動していない。先を走っていた陸軍の車両が駐車場に着き、ライトを点灯したまま、バスの到着を待った。もしそのライトがなければ、駐車場の位置すら見えなかっただろう。

 陸軍の隊員が防護服を用意して、バスに近づいてきた。橋本がバスを降り応対するが、防護服は2着しか用意されていなかった。

 「申し訳ありませんが、2着しかご用意できません。残りの方はバスの中で待機して頂くようお願いします。」隊員は、申し訳なさそうに、謝りながら防護服を手渡そうとした。

 「いいえ、防護服は1着で大丈夫です。彼らはもう準備できていますので。」

 橋本がそう言って、バスの方を振り返って見せた。すると、ヒューマノイドたちは全員が防護服をすでに装着していた。

 「えっ、どうしてご用意できたのですか?」隊員は、橋本の用意の良さに驚いて尋ねたが、橋本はただ笑っているだけで、答えはしなかった。

 「さあ、発電所の中へ行きましょう。」橋本は、ヒューマノイドたちを従えて発電所へ向かった。
 

 原子力発電所の中にも、明かりはなく、ヒューマノイドたちはヘッドライトを点灯させて進んだ。発電所の職員が、電源室を案内し状況を説明するのだが、既にヒューマノイドたちは、10名ずつに分かれて、それぞれの作業に向かっていた。

 「どうやら、ここには白アリがいるようですね。」橋本が、そんなことを言うので、原子力発電所の職員は「そんなはずはありません。ここには木材は何もありませんので、白アリがいるはずがない。」と、少し怒ったように反発をした。

 だが、橋本は構わずに「ここですよ、白アリの通った跡があります。いわゆる蟻道です。」と、排水パイプの汚れを示した。そこには、白アリよってパイプが削られた跡と、コンクリートに穴があけられた跡があり、その周囲に茶色く排水が染みた痕跡もあった。

 「しかし、ここには白アリが生存するための食糧はないはずですが。」なおも、職員は納得のいかない様子であったが、「ええ、そうです。普通の白アリでは生存できないでしょう。ですが、今ここにいるのは普通の白アリではないのです。詳しくは説明できませんが、改良された白アリがいるのです。」と、橋本は改良された白アリの存在を主張した。

 白アリたちは、配線をかじりショートさせていたのだが、ヒューマノイドたちは、電源装置のショートした配線を修復していった。しかし今もまだ、配線の傍らには夥しい数の白アリが蠢いていた。

月の光 113

 電気が復旧し、辺りを見回すと、一面に白アリがはい回っている。
 
 橋本は、原子力発電所の職員たちに指示して、バイオ洗剤を用意させた。そして、そのバイオ洗剤に向けて、ヒューマノイドが光を放つと、バイオ洗剤は活性化し紫色に輝きだした。

 ヒューマノイドは、数匹の白アリを生きた状態で捕獲した後、その紫色の洗剤を水で希釈し大量に用意すると、白アリたちに向けて放射した。バイオ洗剤の入った水をかぶった白アリは、たちまち動きを止め、流されていった。

 ヒューマノイドは、各フロアに行き、同じようにバイオ洗剤を放射した。

 「これで、取あえず、一旦は白アリは退散するでしょうが、コロニーがあるはずですから、またその内発生するでしょうね。」橋本は、想定以上に白アリの数が多い為、うんざりしていた。

 「この後、我々はどうしたら良いでしょうか。」原子力発電所の職員がそう力なく尋ねるのだが、橋本の返事も芳しくなかった。

 「私達は、この後、通信回線を復旧させて、帰ります。白アリについては、このバイオ洗剤を定期的に散布する以外今のところ対処の方法がありません。」

 橋本は、本来なら白アリのコロニーを突き止め、そこを破壊すべきなのだが、その時間はなさそうだと考えていた。

 被害に遭っているのは、ここだけではない。全ての建物が同じ状況なのだろう。田上局長が言っていたように、防衛できる避難所を限定し、そこで防衛ラインを築くしか方法はなさそうだった。

 後の対応を、陸軍と原子力発電所の職員に任せた後、橋本達は再び空港バスで板付基地空港へと急いだが、その時にはもう午前8時を過ぎていた。空は雲が消え、青空が広がり太陽が顔をのぞかせていた。

 橋本達が去り、太陽が力を増してきた午前10時過ぎ、玄界灘原子力発電所の周囲では、羽蟻たちが一斉に空に舞い上がっていた。


 橋本達が玄界灘原子力発電所で白アリと格闘していた頃、板付基地空港では、黒アリが再びその姿を現わしていた。

 NGX4001は、指示されていた通り、アリを生きた状態で捕獲した。そして、その内の何匹かのアリに光を放射した。すると、光を受信したアリは、他のアリと進路を変え、元のコロニーに戻っていった。

 コロニーでは、巨大な女王アリとその親衛隊のアリたちが残っていた。光を浴びたアリは、女王アリに近づこうとするが、途中で親衛隊のアリに捕獲されてしまった。

 その様子は、NGX4001の脳内の受信器に送信されていたのだが、結局女王アリを捕獲することには失敗してしまった。

 板付基地空港に戻った橋本は、NGX4001から状況の報告を受けたが、やはりアリの数が多すぎるため、これ以上の対応はあきらめた。

 ここでも、完全にはアリを殲滅できなかった。橋本は、捕獲したアリを持って、下総香取の航空宇宙センターへ戻ることにした。

月の光 114

 下総香取の国立航空宇宙センターでは、橋本の報告を受けて、乾が捕獲されたアリの分析を行った。

 「このアリの生態そのものは、自然界のアリとあまり違いはありませんね。女王アリとそれを守る兵隊アリ。問題は、働きアリがプラスチックやゴム類を食い破り、中の配線をショートさせてしまうこと。これは、原子力発電所にいた白アリとも共通しています。

 自然界のアリが、大量にコード類を食いちぎると言うことはないでしょう。白アリの場合には、ありえますけどね。どちらのアリの場合も、何かの指示を受けるような受信器は備えていません。

 つまり、ホタルの光を受信するような機能は持っていないのです。ということは、自然界のアリと同様に口に含んだフェロモンなどの化学物質でコミュニケーションを取っているのかも知れません。」

 「ということは、このアリたちは、今は、誰の指示も受けずに行動しているということですか?」

 「そうですね、今現在は指示を受けていない、言い換えれば指示はプログラムされている、ということでしょう。」

 「プログラムされているということは、遺伝子操作された、ということでしょうか?」

 「遺伝子なのか、或は高度に科学的なプログラムによって脳を生成させられたのか。彼らの、脳を分析してみなければ分かりませんが、単純に食性を変化させただけとは思えません。

 アリの脳は、フェロモンを信号として解読することで、コミュニケーションを取ります。その、部分に変更が加えられたのでしょう。」

 「フェロモンということは、匂いですね。」

 「はい、そうです。多分我々には認識できない多くの種類の匂いを嗅ぎ分けているのでしょう。」

 「匂いを高度に言語化しているということはあるのでしょうか?」
 
 「ええ、それがあるとすると、厄介ですね。非常に多くの匂いに、固有の意味を持たせている。そのような技術があるとすれば、彼らは、人間の言語以上に能力を持っていいるのかも知れません。

 そして、そのような言語能力を持ったアリが、一つのコロニーに百万単位の数で存在していたとすると、それに対抗するのは容易ではない事になります。」

  橋本は、玄界灘原子力発電所で見た、白アリに埋め尽くされた様子を思い出し、気分が悪くなった。確かに、あの数の多さでは、駆除しても切りがない。白く蠢く、目のない虫たちにもしも、囲まれてしまったら、普通の人は恐怖で逃げ出すしかない。

 乾と橋本は、アリに対する分析を行ったのだが、今のところ対策は困難だった。それは、何といっても、その数の多さである。自然界のアリや白アリですら、根絶は不可能である。

 まして、それが何らかのプログラムによって高度な言語能力を持っているとすれば、今後どのような行動に出るのかも、予測できなかった。そして、北部九州では、働きアリに対処しただけで、兵隊アリにはまだ対応できていない。

 NGX4001の放ったアリは、親衛隊のアリによって捕獲されてしまったのである。現時点では、兵隊アリに勝てない可能性があった。
 
 このように、乾たちがアリの分析を行っていた頃、陸軍省ではある噂が流れていた。それは、航空宇宙センターから派遣された職員が、ロボット兵士ではないか、というものであった。

月の光 115

 陸軍省九州防衛局の田上局長は、機長の大島を伴って、首都圏城内北の丸区の陸軍省本部を訪れていた。表向きは北部九州での昆虫の侵入状況の説明の為だったが、実際には、航空宇宙センターの派遣職員についての報告が主たるものだった。

 「噂ですが、ロボット兵士が投入されたと聞きました。あなた方は実際にご覧になってどう思われましたか?」陸軍省本部監察官の加賀美が2人に質問をした。

 大島が答えた。「自分は、彼らが道具を使わずに手から光を発して、光ケーブルを修復する様子を見ました。」

 「田上局長はどうですか。」

 「はい、それが自分で直接確認したわけではありませんが、原子力発電所の職員によると、やはり手から光を発していた、と聞いています。それと、防護服ですが、どうやって用意したのか、全員着用していたと聞きました。」

 大島がさらに付け加えて、「彼らは、何の知識もないのに、航空機の操縦をすることができました。」と言った。

 「それらを見て、どうですか?ロボットですか?」加賀美観察の問いかけに大島が答えた。

 「確証があるわけではありませんが、非常な違和感を覚えました。人間ではないと思います。橋本本部長は、彼らは改良されたヒューマノイドだと言っていました。」

 「ヒューマノイド?具体的にはどういう意味ですか?」

 「サイボーグのようなものだと言っていましたが、自分にも、それ以上具体的なことは分かりません。」

 「そうですか。では、何らかの手術などがされている、ということでしょうか。」

 加賀美も、それがどういうものなのかは、想像できなかった。しかし、政府に報告せずに、ロボット乃至はサイボーグを使っているとなれば、問題である。

 この時日本政府はまだ、ロボット兵士の開発や使用を認めていなかった。それがまた、サイボーグともなれば人体改造の可能性があり倫理的な問題もはらんでいた。

 加賀美が困惑した表情を浮かべると、田上局長が別の問題を報告した。

 「北部九州に出現したアリですが、職員たちの話では、橋本本部長は、そのアリを改良されたものだと言っていたそうです。」

 「改良されたアリ、・・・ですか?どういう意味でしょう。」

 「はい、自然界に存在するアリではない、と言っていたようです。」

 田上も詳しくは分からないが、サイボーグと言う言葉を聞き思い出したようであった。

 加賀美にとって、それは予想外の報告だった。そのアリが、もしもロボットなのであれば、現状での対策は困難である。陸軍省としても、ロボットの開発が急務となる。

 一方で、航空宇宙センターの派遣職員がロボットであった場合、その開発を、現状では認められないのだが、ロボットのアリに対応することを考えれば、むしろその開発は支援すべきものとなる。

 監察官の立場としては、いずれにせよ航空宇宙センターの問題は見逃すわけにはいかなかった。

稲村ケ崎

昨日江ノ電の稲村ケ崎で何となく降りてみたら、素晴らしい景色でした。

DSC_0046.jpg

DSC_0039.jpg 
DSC_0036.jpg

DSC_0035.jpg

 トンビがすぐそばまで飛んできて、初めての経験で面白かったのですが、家に帰ると、疲労困憊で、小説を書くのはしばらくお休みします。(歩数計で2万歩でした。)
プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR