fc2ブログ

ロクサーヌ (その8)

 脳波の分析のためにいろいろな種類の薬を飲まされた。薬を飲むたびに人格が変わるようだ、たぶん精神の深い部分に作用する薬なのだろう。
病室の白い壁を見ていると、古い記憶が思い出されてきた。大雨の降った夜だ、私は奥多摩の多摩川沿いの国道にいた。上り坂の右手は山の急斜面になっていた。左手のガードレールの先は崖になっていてその下を多摩川が流れていた。右にカーブする曲り角をすぎると左手にガードレールの切れ目があり、そこから下の川岸に細い坂道があった。その坂道を降りていくと川岸にへばりつくように小さな平屋があった。近づくと、雨の中を犬が吠え騒ぎ、男が家の中から出てきた。左手に鎌を持ち右手にノコギリを持って私に襲い掛かってきた。男は酔っており私を誰かと間違えているようだった。大雨のせいで上流の小河内ダムの水門が開放されていたのだろうか、川は激流となり今まで見たことのないほどの勢いだった。私は傘をさしていたが、男にじりじりと追い詰められていた。真っ暗な中、後ろは多摩川で、右手では犬が吠え正面に男が鎌を振りかざしていた。もしここで川に落ちたら間違いなく死ぬだろうと思い恐怖を感じた。その時、足を滑らせたのだろうか、男の体が崩れた。私は傘をかざして前に突き進んだ。そこで夢は途切れていた。その夢を見た翌日、多摩川の下流羽村の堰の付近で男の死体が上がった。警察が私の家に来た。殺人の容疑で私は取り調べを受けることになった。しかし、私はその男と面識もなくもちろん殺人の事実もない。その男に会った記憶もないのだ。だが、その夢を見たのは確かだった。私は裁判でも無実を主張したのだが、私の指紋のついた傘がその男の家の前にあり、私の靴にはその現場の土が付着していた。私は記憶のない事件に巻き込まれた、と思った。ただ、どうしてその夢を見たのかが不思議だった。裁判の結果私は多摩地方にある医療刑務所に収容された。そこでも、こうして病室で白い壁を見ていたことを思い出していた。
スポンサーサイト



ロクサーヌ (その9)

 1ヶ月ほど経ったある日、親しげに話しかけてくれた人がいた。彼は、私の調書をみて同情してくれたのだ。「今までとてもつらい目にあってきたんだね。何も悪いことをしたわけでもないのに、サマルカンドでもひどい目にあって、ここにきても疑われるなんて。まだ17才なのに、本当に苦労したんだね。」私は、不意に涙が出そうになった。「君を収容所から出してあげるから、もう何も心配しなくていいよ。」彼は、優しい声でそう言ってくれた。私は収容所を出られることになった。しかし、条件があった。公安警察の指示に従い、ある団体の集会に参加して、集会の参加者やどのようなことをしているのかを調べて報告するように言われた。その団体は今のところ国家に害をなしているわけでもなく、そのような兆候があるわけでもない。しかし、人が集団を作ること自体が問題視されているようだった。私自身も公安警察に監視されるのだ。それでも、従わなければこの収容所からは出られない。彼は、収容所の人間ではなく公安警察だった。私は、迷ったのだが彼を信じることにした。そうしなければ、ここを出られないと思ったからだ。収容所を出る日、ご主人が門の前で待っていてくれた。忘れずにいてくれて嬉しかった。「ロクサーヌ、やっと出られたね、良かったね。よく頑張ったね、お祝いにとびきりおいしい中華料理を食べに行こう。」「ありがとうございます、ご主人様。本当にとても嬉しいです。」私はホッとして幸せな気分になった。

ロクサーヌ (その10)

 この国ではだれも働く必要がない。能力に応じて自らの仕事をしているだけだ。生活に困ることもない、必要なものは全て体に埋め込まれたチップによって、消費され記録される。なのでレストランの食事も清算はチップによってなされる。娯楽施設もすべて無料である。料金の概念がない、何かを交換することもないのだ。しかし、それが幸せとは限らない。国家という集団作り、その中で生活するためには組織を統括するリーダーが必要だ。この国にもリーダーがいてあれこれと指示を出すものがいる。そしてその指示に従うものがいる。経済的に服従する必要がなければ、なぜ人は誰かに従うのか?かつては、経済的な理由から集団を作り組織を作り、その中で従って生きてきた。それが、階級とか身分とか差別を生み出した理由と思われていた時代もあった。だが、ここではその必要もないのに管理するものと、管理されるものとがいる。お金のためではなく、自分のやりたいことを実現するために人は人とつながろうとする。共同作業をすることに喜びを見出したいのだろうか?そして共同作業を始めた途端に、集団となり組織を作りそこにリーダーが生まれ、クラスが生まれる。そのことに、反発するものがいる。意見の対立が生まれ、分裂しまた争いが生まれる。ここでは、生きるためとか、生活のため、貧しさのためなどという言い訳は通用しない。そんなものは存在しないからだ。この国はかつて、貧困から解放されるため、人間の自由を実現するためというスローガンのもとに科学的共産主義を目指していた。それは、ほぼ達成されたのだろう。ここでは、私有という概念は存在しない。その必要はないからだ。だが、それでも何故管理するものと管理されるものがいるのか?私にはそれが不思議だった。

ロクサーヌ (その11)

 私は公安警察の丁仙芝(私を助けてくれた人だ)に指示されて、ある団体の集会に出てみた。青い壁面が光に反射してキラキラと輝く高層ビルだった。ビルの34階にその団体の集会室があり、35階が本部になっていた。最初に本部の受付で入会の手続きを取った。手続きは書類に名前を書くだけの簡素なもので、その後、聖水で手と口を清めた。それもただ水を手にかけ、口をゆすぐだけの簡単なものだった。そして集会室に移動した。そこはフロア全体が使われていて200人ほどが参加していたように思えた。講師と呼ばれる人が教壇に立ち挨拶して、その後は大きなスクリーンに映し出された映像を見ていた。それは人類の歴史のようでもあり、中国の西域からペルシャへと続く地域の歴史のようでもあった。サマルカンドの歴史も映し出されていた。私には懐かしい風景でもあった。それが終わると、講師が平和に感謝し皆の幸せを祈って、それで終わりだった。ただ、理由はわからないのだが集会の間、私は少し幸せな気分になっていた。その集会は週に一度土曜日に行われていた。集会の都度、私は丁仙芝に集会の時間と、内容と参加者の人数と誰がいたのかを報告した。
 3週間が過ぎた時に、「毎回報告が同じだね」と彼が言った。そう言われてみると確かに同じ報告だった。初めの15分で受付の手続きをして、次の1時間で集会の映像を見て、最後の10分でエレベーターを降りてくる。そのエレベーターにはいつも同じ5人が乗っている。講師と呼ばれる人の挨拶もいつも同じだった。そして、最後はいつも幸せな気分で終わるのだ。詳しく思い出そうとしても、全く同じ光景しか浮かばない。まるで同じ映画の中のシーンが繰り返されていて、自分自身がその中に入っているかのようなような気分だった。

ロクサーヌ (その12)

 次の土曜日、私はまた集会に出かけた。丁仙芝に言われたので、今度は何も聞き漏らすまいと今までよりも緊張していた。受付の聖水で手と口を清め、集会室に入る。いつもと同じように講師の挨拶がありスクリーンの映像を見る。だが緊張は長く続かない、なんとなく気分が良くなってくる。そうしてぼんやりし始めると、「k君・・・k君・・・」と遠くで誰かが呼ぶ声が聞こえる。誰だろう、とぼんやり考える。「k君、先生が呼んでるよ!」友達の声ではっと、私は我に返った。前を見ると、白衣を着たクラス担任の先生がいた。理科の担任だったのでいつも白衣を着ている。私は、直ぐに「父が死んだのだ」と思った。父はその夏から具合が悪くなり、家で休んでいた。ある日「お腹が出てへこまないんだ」と言う父に、私は元気づけようと思って「僕もお腹が出てるよ」と言った。父は仰向けになり、「こうしてもお腹がへこまないんだ」と言う。父のお腹はみぞおちの辺りがボールのようになっていた。私も仰向けになった。私のお腹はすぐにへこんでいた。私は何か言いたかったのだが、言葉が出なかった。それから父は胃がんのため入院した。先生の車で病院に行くと、病室で母が泣いていた。父は目を閉じていたのだが「お父さん!」と私が呼ぶとゆっくり目を開けた。そしてまた目を閉じで、そのまま亡くなった。私が13歳になる4日前だった。「k君!」また声が聞こえた。今度はハッキリと。私は我に返った、そして理解した。私がkなんだ、と。すべての記憶が鮮明になった。私をkと呼んだ人は、ヒトミと名乗っていた。いつも同じエレベーターに乗る5人のうちの一人だった。「どうして私のことをkと呼ぶの?」私が尋ねると、ヒトミは「私たちは、あなたを待っていたの」と答えた。

ロクサーヌ (その13)

 ヒトミは続けていった。「私たちは同じ船に乗っていたの。ここは私たちの実験場なのよ。ここで、私たちは歴史を作り出す研究をしているのよ。」私にはよく理解できない事だった。「歴史を作り出すって、どういう意味なのだかよくわからないけど。」「あなたは、忘れているのかもしれないけど、私たちは講師のもとで人類の歴史を作り出すプログラムの研究をしていたの。地球の状態とそっくりな天体を作り、それは他のチームがやっているのだけど、私たちは人類の5万年分の歴史を再現する研究をしているの。あの船はそのための研究所よ。はじめは、順調だったのだけど、マネーのない社会になってからもどうしても、人は完全な自由にならない。監視社会になってしまったのよ。最初はプログラムの不備かもしれないと思って調べていたのだけど、原因は不明だった。それで、直接歴史の現場へ向かうことになったの。」そうか、あの船に乗る夢はそういうことだったのか、と私は思った。私がヒトミの説明を聞いていると、講師のウシュパルクが近づいてきた。ウシュパルクの話では、敦煌の東と西を境に亀裂が生まれていた。敦煌より西の砂漠の向こうでは、戦争が繰り返されている。予定ではすでに戦争状態が終わり、人類は経済的問題からも解放されていて、誰も支配せず、支配されない対等な関係の社会に向かうはずだった。しかし、この仮想の地球上にいくつかの亀裂が走り、歴史がそれぞれ異なる方向に向かっている。その亀裂は、歴史の特異点と呼ばれ、時間の流れも違ってしまっているのだ。敦煌の西側で起こった野蛮な戦争状態は東側の人類にも影響を与えている。講師によると、実験がうまくいかない理由としていくつか考えられる。1つには、西側からの戦争の脅威から社会を守るために、東側では監視社会の道を自ら選んでいる。2つ目として、東側では本来自由になっているはずなのに、人類がその自由を行使することに未熟であるため退行が起こっている。この場合には西側は関係ないと思われる。3つ目に、西側から砂漠を越えて避難してくる人々のため予期しない影響が起きている。その他にも最も考えたくない事として、悪意ある何者かがこの実験場に侵入している。その場合は研究の継続そのものが脅かされる事となる。これらの原因を探るために歴史実験の現場へ行くことを決めたとき、私は他のメンバーと別れ自ら望んで砂漠の西側へ行くことを選んだのだった。

ロクサーヌ (その14)

 私たちの文明はこの地球から、10億光年の距離にある星が故郷だった。私たちの祖先は宇宙を旅し、接触可能な文明を探していた。しかし幾つか発見された惑星の文明はすべて消滅した後だった。長い時間の後に地球が発見された。そのころ地球の文明も消滅寸前の状態だったが、復元の可能性はあると思われた。そこで、シミュレーションを行うために地球の環境そっくりのイミテーションの惑星を作りだした。船の実験室の中にである。生命体に対する外宇宙の影響は最小限にしてある。それでも地球上にある幾つかの隕石の衝突の痕跡については、その影響の大きさを考慮して再現された。
そして、地球人類の文明を消滅から防ぐ一つのアイデアとして新しい人種を投入してみた。それがアーリアである。ユーラシア大陸の中央ソグディアナに投下されたアーリアは、瞬く間に東西南北に拡散した。コップに落ちた一滴の雫が作り出す波紋のように。インド、ペルシャ、オリエント、ヨーロッパ各地域をアーリアは征服してゆき新しい文明の契機を作っていった。人類の文明は再び活性化されたのだ。一方でアーリアの影響を受けた古代の地球人の文明も復活の兆しを見せ、各地で融合が起きた。チュルク、モンゴル、漢人、セム人などの文明も生まれてきたのだ。8世紀は初期のアーリアがその周辺の古い地球人からの逆襲を受ける時代の転換点となった。ソグディアナはアラブ人に征服された。追い詰められたアーリア人は反撃のため中国を利用しようとしたが安史の乱で失敗し、その後は胡人と呼ばれたソグドやペルシャ人は排斥されその文化も拒絶された。アーリア人は地中海も失いヨーロッパ半島に閉じ込められた。しかし、このようなアーリアと古い地球人の闘いの外にいたのが日本列島の住民だ。そこはユーラシア大陸と海で隔てられていたため、征服されることがなかった。3万年ほど続く古い文明をゆっくりと変化させながら維持している。北はサハリン、千島列島から南は琉球、小笠原までほぼ単一の文明圏だった。ここには大陸から避難してきた漢人やソグド人、ペルシャ人も受け入れて共存させる力があったのだ。

ロクサーヌ (その15)

 敦煌の空はとても高く青い。多くの塔が立ち周囲には古代の遺跡である千仏洞があった。新しい分明の象徴であるタワーは街の中心部に5棟が星形に並んでいた。各タワーで囲まれたエリアの内側をリングと呼ばれるチューブがつなぎその中をコミューターという無人のカプセルが走っていた。リングは地上から恐らく100mほどの高さを結んでいる。そのタワーには数十万の人が居住しているはずなのだが、外部には音が漏れず驚くほどの静けさだった。タワーのエリアから離れて西側に避難民たちの居住区がある。砂漠を越えて到着した人々はグレートウォールと呼ばれる壁の外側で待機させられる。難民管理棟に収容された後に、脳内を調査されて危険がないと確認されてから解放される。しかし、一般の避難民の居住エリアからは出られない。タワーに近づくことができるのは許可されたものだけだった。ロクサーヌは丁仙芝に報告をしていた。しかし、記憶にあるのは今までと同じ繰り返しで、新しい情報はなかった。丁仙芝は、ロクサーヌに娯楽センターでバーチャルヴィジョンというゲームをやってみないか、と提案した。それは、脳内に仮想現実の空間を示し、その中で冒険や旅行などを楽しむことのできるゲームだった。以前には、メガネのようなものを使い、視覚から映像を取り入れていたのだが、今では脳内に直接信号が送られるようになった。そのためメガネもヘッドギアも不要となった。しかし、何もつけずにそのゲームに興じている間は、一人でつぶやいたり、突然大きな声をあげたり、或いは手足を振り回したりするので他人からは精神に異常をきたしたように見えていた。そのため、このゲームは娯楽センター内に限られるようになったのだ。ロクサーヌは地球の歴史というゲームを選んだ。チップでゲームの情報を受け取り、そのチップから体内のカプセルに信号が送られる。カプセルを通して情報が脳内に送られるという。仮想の空間では地球の歴史の映像が流れ、講師の説明があった。講師はウシュパルクと名乗っていた。

ロクサーヌ (その16)

 バーチャルヴィジョンの映像が終わって、私は動揺していた。丁仙芝は、バーチャルヴィジョンの危険性について話してくれた。「この仮想現実は脳内に直接作用するため、視覚、聴覚、触角などの感覚が制御されてしまい、それらの感覚器官から得られるはずだった実際の刺激が脳に達する前に、仮想現実からの信号が脳の中で現実だと認識されてしまう。仮想現実を体験している間は、夢を見ているような状態となり、リアルに起きていることを認識できないのだ。また仮想現実内で更に仮想現実を体験してしまうと、夢の中で夢を見ている状態になり、それを繰り返すとやがては現実と仮想現実の区別がつかなくなる。現実感がなくなってしまい、自分から遠く離れた状態で自分自身を見てしまうこともある。何重にも重なった仮想現実内の記憶を前世の自分の記憶と、思い込む者も出てきた。そのような事態を防ぐためにも、娯楽センターで管理されるようになったのだ。」
 しかし、ロクサーヌが体験したことは、ここにあるバーチャルヴィジョンのゲームと全く同じだった。丁仙芝は「はるか古代にアーリアと名乗る種族がいた。彼らの信じた宗教ではハオマと呼ばれる幻覚剤を水に溶かし、それを聖水として祭壇に供えていた。祭日には彼らはその聖水を口に含み恍惚状態の中で神に祈ったという。私は、あの団体が用いている聖水はそのハオマではないかと疑っている。」丁仙芝の説明を、私は否定することができなかった。確かに毎回、同じなのだ。そして同じ映像を見ているうちに、実際にそのような地球の歴史を自分が体験してきたように感じているのだ。自分の記憶の一部になってきている。団体の受付で口に含む聖水が、ハオマだとすれば私はいつも幻覚を見ていることになる。私の中にも彼らに対する疑問が浮かび、心が揺らいできていた。

ロクサーヌ (その17)

 ヒトミは、kのことは小学校の頃から知っている。家もすぐ近くで中学、高校とずっと同じだった。中学の頃にkの父が亡くなったのだが、そのことはヒトミにもショックだった。kはそれ以来、暗くなって元気がなくなったように思う。それでも、同じ大学に入ってからは、少し明るさを取り戻してきたように感じていた。それが、また近頃のkは何か悩んでいる様子で、研究室でも顔を見ない日が増えている。「先生、k君は今日も休みですか?彼が担当しているプログラムは大丈夫なんですか?」「まあ、自宅でもできる作業だからねえ。連絡は来ているから、大丈夫だとは思うよ。」「私、様子を見に彼の自宅に行こうと思うんですけど、構いませんか?」「まあ、友達としていくのは構わないけど、僕が行かせたように思われては困るよ。彼は、少しナーバスになっているようなんだ。」「わかりました、私個人の責任で行ってきますので、大丈夫です。」ヒトミはkの家を訪ねたのだが、会えなかった。kの母の話では、体調が悪く病院に行っているという。
 「やあ、k君、久しぶりだね。今日はどうしましたか。」「あの先生・・・また、以前のように、声が聞こえてきたり、自分が遠くに離れて小さく見えたり、そんなことが起きるんです。」「そうですか、大学は行っていますか?」「はい、時々休みますけど、行くことはできています。」「どんな声が聞こえるんですか?」「ええ、実は・・・言いにくいんですが、宇宙からの声のようなんです。あるいは、未来からのだったり。過去、といってもかなり大昔の古代からの声だったりするんです。」「そうなんですか、でどんなことを言ってくるんですか?」「それが、ある時は砂漠で殺されそうになって助けてほしいとか、または未来の世界から危険が迫っているとか。まあ、とにかく苦しいので助けてほしいという感じです。」「そうですか、それは困りますよね。で、どうしようと思っているんですか?」「今は、まだハッキリとはしないので、少し薬を飲めば落ち着くかなと思います。」「それでは、軽い薬を出しておきますね。また様子を見て、苦しくなるようでしたら来てください。」「はい。ありがとうございました。」
 kは病院では、それだけしか言えなかった。本当は自分でも、オカシイのではないのかな、と思っている。しかし、そう、時々なのだが、実際に未来が見えてしまうことがあるのだ。それは、子供の頃からで、妙に勘が働いてしまい、これから起きることがハッキリと見えてしまうことがある。ただ、それも人に話せば益々オカシイと思われそうで、結局胸の中にしまい込んでしまうのだ。
プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR