fc2ブログ

ロクサーヌ (その78)

2140年 8月9日(火)トーキョー
 私ロクサーヌは、トシマクの2丁目を探していた。
道行く人に尋ねると、そこは平和通りの隣にある文化通りのことだろうという。
文化通りで探すと、ピアノバー「2丁目」があった。中に入ってみる。
この前喫煙所で見た人がいた。
「こんにちは、来てみました。」
「あら、まだ早いけど。まあいいわよ。そこのカウンターでまってて」
バーテンダーの人にアイスコーヒーを頼んだ。
「面白い人というのはどんな人ですか?」
「今来るわよ、コンさんっていうの。本人はコンスタンティノス・パライオロゴスだと言ってるけど、長すぎるのよ。」
コンさんがやってきた。
「皆さん、お待たせしました。私が、最後のローマ皇帝コンスタンティノス・パライオロゴスです。」
不思議なあいさつをする人だった。「最後のローマ皇帝とはどういう意味ですか?」
「私は、1453年5月29日コンスタンティノープルが、オスマン帝国の攻撃の前に滅亡した時の皇帝だった。前の日オレンジ色に光る夕日の向こうに、トルコ軍の10万の隊列があった。
私は、すべての市民と将兵に向けて最後の演説をした。
『命より大切にしなければならないものが4つある。第一に我らの信仰、第二に故郷、第三に神の代理人である皇帝、最後に肉親や友人である。それらの為に我らは命を懸けて戦う。キリストへの信仰の為、故郷の為に死ぬのだ。』
深夜になって、トルコ軍が攻めてきた。必死に戦ったが、ついに夜明け前になって、城壁に三日月の旗が翻った。私は、死に場所を求めて、城壁の外へ、トルコ兵の中に突撃したのだ。
すると、どういうわけか、このトシマクの壁の外に出てしまった。」
「あなたは、すると、死に場所を失ってしまったのですね。」
「そういうことになる」
「私は、文明の衰退がなぜ起こるのか、その答えを探しているのですが、分かりますか?」
「衰退ということについては、私ほど詳しいものはいないと、自負している。
何しろ、ビザンツ帝国と言われてから、1千年、ローマ帝国から数えると、2千年の間、衰退してきた。もちろん初めは成長し繁栄したのだから、その分を差し引けば、1500年くらいかも知れないがね。」
私は、そのことについて詳しく聞きたいと思った。
しかし、ラム・次郎は店の『おつまみセット』が気になっているようだった。

スポンサーサイト



プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR