fc2ブログ

ロクサーヌ 第二部 ルーム・ノヴァスの伝説 (その 1)

 私オリガ・スベトラーナは、『ルーム・ノヴァス』と我々が名付けた惑星に残されたタブレットの記録を解析している。

「 生徒諸君 『我らの大地』ジームラ・ウントへようこそ。
この書は、諸君がやがて伝説の青い星々を探して、宇宙へ旅立つために書かれたものである。今年がジームラ・ウントがこの世界を統一して100年になるのを記念してこの書は編纂された。
 初めに、ジームラ・ウントがなぜ、どのようにしてこの世界を支配するに至ったのか、その歴史を学ぶ。

 歴史は、古代編が1500年、中世編が1000年、近現代編が1000年である。
最後に我らの創造主であるペーシュウォーダ『先に創られたもの』の伝説を学ぶ。

尚この書はバーチャルヴィジョンとして作られている。生徒諸君はコネクターを自身のイヤホンジャックにつないで利用することを薦める。

序章
 太初、天上より巨大な火球が降り注ぎ、海は蒸発し、空はその為に曇り、やがて雨が降り続いた。我らの住む陸地は大洪水の為、失われた。

我らの祖先は、7つの都市に分かれ、山上に避難した。
大洪水が引いた後、祖先は平地の都市に降りてきたのだが、都市のエネルギー源である融合炉は破壊されていた。その為、祖先は火の水と、火の石を求めて、世界をさまようことになった。
大地から新しいエネルギーを得ようとしたのである。」

 このようにして、古代編が始まった。

 このタブレットには古代の2進法言語が記されている。
そしてバーチャルヴィジョンとしての利用法を薦めていることから、彼らは高度なデジタル文明を築いていたものと思われる。
しかし、約5000年に及ぶ歴史を解読するのは困難である。

 アラン教授の指示は、2週間でこの情報を解読し宇宙シミュレーターに落とし込むようにすることだ。その為に必要な情報を優先して解読するように、とある。

 必要な情報とは何か?
私はこの書の目的が『ルーム・ノヴァスの人々が宇宙へ旅立つための物である』
という点が気にかかっている。
単に宇宙へ旅立つためであれば、その為の技術的知識が優先されるはずだ。
しかし、この書は太初の歴史から始まっている。何故なのか?

スポンサーサイト



ルーム・ノヴァスの伝説 (その 2)

 タブレットの解読の2日目

「古代の歴史を学ぶ際に注意することがあります。

 それは、古代の人々と現代の我々とでは世界に対する認識の心象が異なっているということです。

現代の我々は、すでに確立された文明世界で、ゆるぎない自信をもって世界を見ています。

  しかし、太初の自然の脅威にさらされて、文明から切り離された古代の人々は、まるで見捨てられた孤児のような心で世界を見ていたのです。

 それまでは父と母の保護と、指示命令に従っていれば安全でした。
自分で決断する必要がなかったのです。

 しかし、突然にすべての文明を失った時、人々にとって自然は畏怖の対象でした。

 その為、恐る恐る歩き始めた子供のように、全てが驚きであり、不安でもあったのでしょう。

 そのような幼年時代が古代だということです。そのことを考慮に入れないと、彼らがなぜ、自然を神とみなし、決断の際に神意を問う占いを重視したのかがよく理解できないと思います。」

 このように語っているのは、ジームラ・ウントの講師ウマルと名乗るものであった。
講師は3人いた。古代についてはウマル、中世はオズメク、近現代についてはパシャという講師であった。

 地球の古代史と違うのは、彼らの古代は文明を失ったところから始まっていることだ。

 つまり、彼らの文明に先行する別の文明があり、彼らはそのことを記憶していて、しかも先行する文明の保護を失い、そのことを『見捨てられた』と表現しているのだ。

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 3)

タブレットの解読の3日目

私オリガ・スベトラーナはタブレットの解読を進めている。

「古代人は、その必要とするエネルギーを当初、地中から火の水や、火の石によって
得ようとしましたが、やがて、動物と植物の脂肪や炭水化物から得られることを知りました。

 これは画期的な革命でした。その技術を持った都市は繁栄し、人々が集まったのです。

 一方で相変わらず、荒れ地をさまよう人々もいました。彼らは、エネルギーを求めて、都市を襲撃するようになり、また都市間でもその勢力圏を巡って争いが起こるようになりました。

 戦争が始まったのです。

 そこで、生徒諸君に問います。あなたは、敵が攻めてきた際には戦いますか?
それとも、平和を選びますか?」

 この質問を見て、私は、この書は歴史の書でもあるのだが、教科書でもあるのだ。その為にこのような質問が設定されているのだろう、と思った。

 戦争と平和であれば、平和を選んだ。すると、また書籍は次のコードを示し、ウマルの講義が続いた。

 このような質問が何度か繰り返され、私は大抵の場合「平和」を選ぶのだが、そうするとやがて、都市は追い詰められていくことに気づいた。

 「平和」の為に条約を締結するのだが、何らかの条件があり、時にはこちらが不利な場合がある。特にこちらから平和を望んだ場合は、決まって敵方に賠償金や毎年の貢納金を支払う事になるのだ。

 それは、都市が繁栄している間は良いのだがそう長くは続かない。結局、支払いが困難になり戦争せざるを得なくなる。その様な時に、また例の「戦争か、平和か」の質問が来るのだ。

 酷いときには、「反乱か服従か」を選択する場合もある。ここでは、平和とは、結局服従なのだ。反対に戦争を選んだ場合は、相手を征服し、領地も拡大し、支配する人口も増える。都市の繁栄が続くのである。

 そのような歴史を繰り返すのだが、実際にその歴史を選択しているのは、読者である私なのだ。

 このことに気づいたとき、私は、この書は真実の歴史を伝えているのか?
疑問に思った。まるで、ゲームのようにも思えるのだ。

 ただ、ゲームやクイズと違うのは、どの選択においても、私の決定したとおりに歴史が進むということである。決してゲームオーバーにはならないのだ。

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 4)

タブレットの解読の4日目

「文明圏は拡大し、都市の数も増えた。初め7つだったのが今は35の都市を数えるほどになった。

 その中で、ジームラ・ウントは3番目の勢力を保っていた。1番大きな都市はメサスと言い、東方の辺境から起こった都市だが、彼らは武力に秀で近隣の諸都市を従え、同盟を結んでいた。

 都市の政治は、初めその住民たちによる合議制で運営されていたのだが、戦争が繰り返すうちに次第に王による専制に変化した。軍事的には垂直統合した組織による政体の方が強かったからである。

 メサスの同盟都市は13を数えた。その中で、メサスは次第に専制的な力を持つに至った。
同盟は、帝国へと進化したのである。

 初代の帝王はティムルタシュと言い、元は神官に過ぎなかったのだが、その卓越した知識と予言の能力によって人々を従えることが出来た。

 度重なる戦争を勝利に導いた功績により、時の王であったメサス3世によって、王の位を譲位され帝王を宣言したのである。

 ティムルタシュは古い信仰を改革し、唯一神ハジュによって世界が統一されると予言した。
ハジュは元来はメサスの都市神であったのだが、戦いを通して唯一神へと進化したのである。

 唯一神ハジュの信仰に帰依したものはメサスの市民としての権利が得られ、エネルギーを優先して利用できた。メサス配下の同盟諸都市は、その固有の信仰を保証されたのだが、エネルギーの内10分の1をメサスに提供する義務を負った。

メサスに従えば、安全と信仰の自由をは保証されるが、2級市民としてエネルギーの貢納を迫られたのだ。

そこで、生徒諸君に問います。
あなたは、唯一神ハジュに改宗してメサス市民としての権利を得ますか?
或いは、メサスに従って10分の1のエネルギーを納め、安全と信仰を守りますか?
それとも戦いますか?

条件 ジームラ・ウントの同盟都市は6つである。」

今度は3択であった。

 私は、迷い、簡単には答えを出せなかった。
何故なら、今までよりも戦う相手が強力すぎるからだ。
メサスの勢力は13の諸都市を従え、ジームラ・ウントの倍以上である。

そもそも、この戦争を私が決定してよいのか?
結果によってはジームラ・ウントの破滅を招くのである。

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 5)

タブレットの解読の5日目

帝国メサスと戦うべきか。私は迷っていた。

この事態をアラン教授に報告すべきだろうか?

アラン教授は明後日には、進捗状況の確認に来るはずである。

もし、その時にこのような事態のために解読が思うように進んでいないと知ったら、彼はどうするだろうか?

私の知るアラン教授は、慇懃無礼で、冷酷で、時に高圧的な人物である。

このタブレットが、唯の記録ではないと知ったらどうだろう。

彼の予定では2週間後には解読を終わらせなければならない。

そうしないと、CTU(中国トルキスタン連合)にこの記録を持って行かれるからだ。

彼は、ヒステリックに騒ぐだろうか?

それだけではない、彼はきっと私の想像する最悪の決断を下すだろう。

それは、このタブレットのデータを解読せずにシュミレーターに統合してしまうことだ。

私が恐れているのは、このタブレットは、どこか外部の世界とリンクしているのではないかと言うことだ。

そうでなければ、出される質問の解答によって、その後の未来が変わってしまう、などということがあるだろうか。

このタブレットのデータ容量はせいぜい1TBだろう。それにしては、物語が多すぎる。

もし、外部とリンクしていた場合、シミュレーターの中に外部からのデータが呼び出されるのではないか?

その時、どのようなことが起きるのか?それを、私は恐れている。

私は、結局メサスと戦うことを選んだ。

服従を選んだとしても今までの経験から、いずれ戦うことになるのだろう、と思ったからだ。

すると、歴史は不思議な奇跡を起こした。突如、北方から新しい敵が現れたのだ。

遊牧民の国家である。

荒れ野で遊牧を選んだ人々が、ここに来て、ついに強力な国家を形成したのである。

彼らは、メサスの国境を襲い、挑発した。

メサスはその北方の敵と戦うために戦力を集中させねばならなくなった。

北方の敵はオグズと言い、馬と弓矢と鉄を使った機動的な攻撃方法で、メサスを翻弄する。

東に現れたかと思えばすぐ引き、また西に現れるといった具合である。

その為、メサスはジームラ・ウントに対して無条件和平を申し出てきたのである。

こうして、メサスの脅威は去ったのだ。

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 6)

タブレットの解読の6日目

講師ウマルが言う

「オグズの攻撃はやむことがなかった。

彼らは、メサス帝国の辺境を襲い、エネルギーを奪い、貢納を強要した。

同時に住民をさらって、自国領内で植物を栽培させた。

メサス帝国は辺境から徐々に弱体化していった。

辺境の住民は、メサスに従うことのメリットを失ったのである。

それでも、メサスは大陸中央で東西貿易のルートを抑えていたためまだ強大な富を蓄えていた。

メサスの戦略は、オグズに対抗する別の部族と同盟しオグズを挟撃することだった。

メルキトやサラカンなどと呼ばれる部族を傭兵として雇い、オグズに対抗させた。

オグズとの抗争は約100年続き、結局オグズは相続争いがもとで分裂した。

そこへ、メルキトの王ガタイが攻撃をかけると、オグズはあっけなく崩壊した。

しかし、そのことはメサス領内へのオグズ遺民の侵入を招いてしまい、メサスの衰退を早める結果となった。

オグズ遺民の侵入は帝国の治安の悪化を招き、その為帝国はオグズを傭兵として雇い、定住民にすることになった。

その為の支出は帝国の財政を悪化させる、という悪循環に陥ったのである。

オグズとの抗争が終結してから50年後、今度はメルキトとサラカンが連合して帝国を攻撃した。

帝国の若き皇帝ティムルタシュ3世は弱冠20歳で血気盛んであった。

帝国北方の大河アムナールの畔で決戦があり、皇帝は自ら先陣を切った。

その時、敵の放った1本の矢が皇帝の馬を貫き、皇帝は無念にも落馬した。

それを見た、オグズの傭兵たちは、一斉に身をひるがえし軍勢は四散した。

敗れた皇帝は、メルキトの幕舎に連れ去られ、身代金を要求されたのである。

メサス帝国では、反乱がおこり、皇帝を救うものはなかった。

要求を拒否されたメルキト、サラカン連合軍はティムルタシュ3世を処刑したのち、一気に帝国内に侵入し帝国は崩壊した。」

このようにして、古代世界は終焉を迎えたのである。

ここで、講師がウマルからオズメクに変わった。

オズメクは言う。

「中世が始まるのですが、中世とはどのような時代かと申しますと、一言でいえば権力の二重性の時代だった、ということです。

どういうことかと申しますと、遊牧民の国家が台頭し、世界の古い文明国家を支配した、武力で制圧した時代です。

かつての古代国家の上に遊牧民の国家がのしかかり、人々は、直接的には古い国家に従属しているのですが、その国家はさらに異民族の支配を受けている状態なのです。

では次回から、そのような遊牧民の時代について詳しく見てゆきたいと思います。」

やっと中世が始まるのだが、明日は進捗状況確認の日である。

私は、できればアラン教授に会いたくない、と思った。

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 7)

タブレットの解読の7日目

アラン教授が研究所に来た。

「おはよう、オリガ君。進捗状況はどうかね。順調にすすんでるかね?」

「おはようございます、アラン教授。やっと、古代が終わって、中世に入ったところです。」

「そうか、予定より遅れているようだが、大丈夫なのか?」

意外なことに、アラン教授は冷静だった。

「はい、スピードアップして必ず間に合わせます。」

私は、余計なことは言わないでおこうと思った。

「ところで、彗星の話はもう聞いているかね?」

「いいえ、何も聞いていませんが。彗星の話とは何でしょうか?」

「君も、自分の仕事で大変だとは思うが、情報は常に最新のものにしておくようにしなさい。

もっとも、これは最高機密だから君が知らなくても無理はないがね。」

嫌味な言い方だと思った。

「すみません。気を付けます。どう云った情報なのでしょうか?」

「新しい彗星が発見されたんだよ。

それは、直径10kmほどで、現在火星と木星の間にある小惑星帯に向かって近づいてるんだ。

それは、CTU(中国・トルキスタン連合)によって発見された。

その為、連邦政府は彼らに、その彗星の調査を命じたんだ。

もし、小惑星帯に突入して、衝突した場合のことを憂慮しているのだろう。

最悪の場合地球にも影響があるかもしれないからね。」

私は、少し希望を感じた。

「ということは、彼らは当面このタブレットの研究には関われないということですね。」

「その通り。しかもこの研究に任命されたのは、あのウシュパルク教授と丁仙之のコンビなんだ。

まあ、あの2人では、また失敗するかもしれないがね。」

アラン教授の冷静さの原因は、これなのだと思った。

「いずれにせよ、我々が一日も早くタブレットを解析しなくてはならないことに変わりはない。

もし、応援が必要ならすぐに言ってくれ。できる限りのことはするつもりだ。頼んだよ。」

「はい、わかりました。必ずご期待に添うようにいたします。」

アラン教授は、上機嫌で帰って行った。

あの人にとっては、タブレットも彗星も、その研究の成果が自分の名声につながるかどうかが重要なのだろう。中身は問題ではないのだ。

しかし、何はともあれ私にとっては私のやり方で研究を続けることができて良かった。



ルーム・ノヴァスの伝説 (その 8)

タブレットの解読の8日目

講師オズメクは言う。

「遊牧民達は大陸の東から西へと、絶え間なく移動してゆきました。一つの部族が西へ移動すると、

その空いたスペースに新たな部族がやってくる、という状態でした。

彼らの一番の武器は馬でしたが、その馬は広い放牧地を必要としていたのです。

その為、草原が枯れてしまうと、次の草原を求めて移動を繰り返すのです。

西の方では、東からくる遊牧民の為、まるで玉突きのようにさらに西へと移動して、ついに海岸までやってきました。

ジームラ・ウントの人々も、海岸へと押しやられたのです。

海の向こうには、海上貿易や漁業をする人々がいました。彼らもまた、大陸の人が動物や植物から

エネルギーを得たように、魚や海藻を利用していました。

彼らの移動手段は船でした。これは遊牧民の知らない乗り物でしたので、海岸まで追い詰められた

ジームラ・ウントの人々は遂に海を渡る決意をしたのです。

海の向こうの人々はルーム人と呼ばれていました。

実は、この人々もかつては大陸にいたのですが、はるか以前にやはり、海を渡ってきたのでした。

この人々のことは、伝説となっていて、メサスやジームラ・ウントの人々の間では、

『西の海にルームと呼ばれる大国があり、人々は平和に暮らしている』

と言われていたのです。

この頃、メサスでは、唯一神ハジュに対して疑う人々もいました。

かつて帝国だったメサスも今では小さな都市の一つとなり、メルキト・サラカン連合軍に支配されていたからです。

そのような時代の中で、一人の予言者が現れました。

予言者はケマルと言い、解放奴隷の一人でした。

古代には戦争で負けた国の人は皆奴隷となっていました。

これは、奴隷の労働力が必要とされていた為で、現代のような差別的な意味合いではありません。

これは大事なことなのですが、古代の文明では現代よりもむしろ合理的で、エネルギーを得るという

目的を第一に考えられていて、その為に最も合理的な方法が選択されていたのです。

人は第一に労働力として考えられていました。

そして、一定の労働の成果を上げれば、解放奴隷として自由を得られたのです。

ですから、都市の富裕層にも政治を行う議会にも解放奴隷がいました。

その出自は、問題とはされなかったのです。

そのような解放奴隷の一人であったケマルは、宗教改革を行いました。

新しい予言を得たのです。そして、中世を特徴づける信仰の時代を開いたのです。

次回は、ケマルの宗教改革について学びたいと思います。」

私は、ケマルの宗教改革もそうだが、むしろ海の向こうのルーム人というのが気になった。

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 9)

タブレットの解読の9日目

講師オズメクが云う。
「唯一神ハジュに対する信仰は、ハジュの教えに従うことでメサス市民としての特権が得られ、エネルギーが優先的に与えられる、という現世的な実利によるところが大きかったのです。

しかし、帝国の崩壊によってそれが得られなくなった時に、人々は不安を覚えました。

更に打ち続く遊牧民との戦乱は、文明の破壊を見せつけたのです。これは、今まで真面目にハジュの信仰を守ってきた人にとっても困難な事態でした。文明の破壊は、自分自身の破壊、死を予感させ、頼るべき帝国政府も存在しない、太初の時代を思い起こさせたのです。

しかし、太初の時代は、自然の脅威が問題でした。今度は同じ人間が脅威となっているのです。
人間こそが文明の敵であり、平和の破壊者である、このように認識することは、心に深い傷をもたらしました。

今、必要とされるのは、この傷ついた心の救済だったのです。
ケマルはこの心の救済を説きました。
かつて唯一神ハジュによって予言された世界の統一とは、現世の利益を目指した帝国による統一ではない。そうではなく、一人一人の魂の浄化によって、なされる心の統一であるといったのです。

個人が心の中で、真に神の理想を、平和を祈って、偽らず、利得を求めず、正直に生きているのか?
隣人に対する、真心の愛を持って、それを実践しているのか?
困っている人、傷ついている人に、手を差し伸べているのか?

このようなことを、実践したときに心の平安を得られる。
逆に嘘をついている人は、心が苦しむことになり、真の平安は得られない。と説いたのです。

ケマルによる心の救済を説く新しい宗教は、唯一神ハジュを否定したものではなく、その信仰の在り方を問うたものだったのです。

ケマルの宗教は徐々にメサスの人々の心をとらえ、やがて周辺の都市や農村の人々の心もとらえたのです。人々は頼れる指針を必要としていたのです。

遊牧民による支配が大陸の隅々まで広がると、同時に圧迫された人々はケマルの宗教に帰依するようになりました。その宗教は『ケマルによる救済』と呼ばれるようになり、教会組織も広がりました。

各地の都市や農村の人は、表向きはその地方政府に従いましたが、一方で教会組織にも従うという二重の権威が生まれました。また、その政府は遊牧民に支配されていましたが、彼らは合理的なため、宗教については寛容でした。税さえ納めればよかったのです。

このように中世は人々が一つのゆるぎない権威に従うのではなく、幾つかの複数の権威と権力が競い合う時代であり、人々は、同時に幾つもの権威に従う存在となったのです。

ジームラ・ウントの人々も、この『ケマルによる救済』という宗教を受け入れましたが、この教えも、各都市で受け入れる際に少しずつ変化しました。それぞれの都市や地方の状況に応じて教えも変化していったのです。

ジームラ・ウントでは、『西の海にあるルーム人の伝説』と、この『ケマルによる救済』とが結びついたのです。次回は、その様子を見てゆきたいと思います。」

今日は、ここまでだった。

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 10)

タブレットの解読の10日目

講師オズメクは云う。

「遊牧民メルキトやサラカン、オグズなどの人々による国家も、時がたつにつれ文明化し、都市に人々が集まり、遊牧民の中にも都市生活を好むものが現れました。

彼らはまた、『ケマルによる救済』に帰依し、心の平安を願うようにもなりました。

そして、ついに王族の中にもその信仰に帰依するものがあらわれ、遊牧国家でも『ケマルによる救済』の信仰が国家の宗教になったのです。

すると、この宗教を信仰するものは国家の中で上層階級となり、いつの間にか特権を求めるようになってしまいました。

このことは、二つの結果をもたらしました。

一つは、遊牧民の弱体化です。彼らは、当初は戦士として、合理性を追求したのですが、都市の文化に触れるうちに、戦争を厭うようになり、自らの戦士としての行いを悔いるようになってきたのです。

もう一つは、遊牧民の支配に反発する人々が、国家宗教となった『ケマルによる救済』に疑いを持つようになったことです。この人々の中からまた新しい予言が生まれました。

預言者バルクミスは西の海辺に追い詰められた人々の中から現れました。

彼は、初め『ケマルによる救済』の熱心な信者で、心の平安を求めていました。

一方で、遊牧民の支配に甘んじることには納得していませんでした。

しかし、教会の司祭たちは、遊牧民の支配の正当性を説き、心の平安は秩序に従うことにある、と説いていました。

教会は遊牧民の王族から多額の寄付を受け取っていたのです。

バルクミスは信仰の問題で悩みました。その時、『西の海のルーム人の伝説』が夢に現れたのです。

彼は夢の中で、ルーム人に会い、彼らが平和で独立した文明を築いていることを知りました。

彼らは、はるか昔に遊牧民と戦い、海の向こうへ逃げたのです。

しかし、彼らは夢の中で、『再び帰ってきて、地上に新しい平和な王国を作る』と約束しました。

それが『ルーム・ノヴァス』という国でした。

バルクミスは、この予言を、人々に伝えました。

唯一神ハジュを否定したわけでも、『ケマルによる救済』を否定したわけでもありません。

ただ、『今の世界は、神の正しい理想とは違っている。ジームラ・ウントを始めとする、同盟都市が遊牧民の支配下にあるのは間違っているのでそのことを正せ』と主張したのでした。

海辺に追い詰められていたジームラ・ウントの人々は、この予言を歓迎しました。

こうして、預言者バルクミスの新しい教えが誕生したのです。

次回は、ルーム人の来襲について説明いたします。」

今日は、ここまでだった。
プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR