fc2ブログ

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 62)

地球の空の上で。

丁仙之がウシュパルク教授に、報告していた。

「教授、連邦政府のメルブ課長に確認しました。どうやらERUで意識不明になった研究員はセルナ・ラガシュという者だそうです。」

「セルナ・ラガシュ? 初耳だな。そんな研究員は聞いたことがないな。」

「はい、私も初めて聞く名前だったので、どんな人物なのか経歴を尋ねてみました。
すると、ロシア連邦政府の強い推薦で急に決まったのだそうです。」

「ロシア連邦?ロシア人なのか?」

「それが、ロシアと言ってもコーカサス地方の出身で、代々地元宗教の神官の家系だそうです。」

「そんな者が何故、研究員になったのだ?」

「ロシアは、コーカサス地方では、宗教や民族問題を抱えていて、紛争が絶えないため、困っていたようです。で、ラガシュ家は、かなり古くから地元で勢力を持っているらしく、独自の民兵を組織するだけの力があるようなんです。」

「その力はどこから出てくるのだろう?」

「彼らは、元はメソポタミアのラガシュ王国の末裔だと主張しているらしく、その宗教というのもキリスト教やイスラム教、ユダヤ教などと戦って生き抜いてきたようなんです。」

「メソポタミアと言えば、シュメール人の国か?」

「そうです。そのシュメールの古代の記録に確かにラガシュ王国が出てくるのです。調べたところ、その王国はシュメール人の国の中でも独特な歴史を持っていたようです。

他の国とは違い、都市国家同士の連合体を貫いて、ラガシュ王家が支配者ではなく、ある宗教の神を支配者としていたというのです。

その為、他の国では、王名を記録していたのに、ラガシュ王国では王名を記録していなかったと言います。今、伝わっているのは、のちの時代になって作られたものらしいです。」

「そのラガシュ王国の末裔が生き延びていたというのか?」

「彼らは、そう主張しているようです。ロシア連邦政府としては、その地元での力をCTUとの対抗上利用しようとしたのでしょう。」

「しかし、その研究員がシミュレーターの中に入ったのは何か理由があるのだろうか?」



スポンサーサイト



プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR