fc2ブログ

『kの回想』 33

「この変化を、戻すことは出来るのでしょうか。」

「歴史を変えることは可能です。この世界には、始まりもなければ、終わりもない。時空間は初めから存在し、過去にも未来にも存在して居ます。ただあなた方の意識がそれを変えるだけです。

あなたは何を変えたいと思っているのですか。その意識の強さ、意志の強さがすべてを決めます。」

「あなたが見た現在は、一つの姿に過ぎないのです。夢と同じです。あなたの意識は何処へでも行くことが出来るし、何をどのように変えるのかもあなたの自由なのです。

しかし、それには強い意志が必要で、何をどのように変えたいのか、それが問題なのです。あなたは、イリヤスを越える意志を持てますか、目的がありますか。」

「もう一つ聞きたいのですが、イリヤスはあなたから、啓示を受けたのですか。」

ジェライルは、少し目に力を入れて答えた。

「私は、イリヤスに会ったのかも知れないし、会ってないのかも知れません。
或は、私の祖先があったのかも知れません。私達は、宇宙を旅しています。私一人ではない、私の祖先もそうです。私達は、あなた方が、植物を育てる様に人類を育てているのです。新しく優秀な人類を生み出し、それがどの様な花を咲かせるのか。それを見て楽しんでいるのです。」


 高速道路の下の側道に沿って、地下鉄の駅を過ぎて、左手に歩くと、古びた喫茶店があった。貿易風という名の看板があり、木製のドアを開けると、薄暗い照明は少しオレンジがかっていた。

 入り口近くには大きな木のテーブルがあり、その周りを囲むように同じく木製の長椅子があった。奥まったところにはカウンターがあり、穴倉のようなその店の、壁際には、雑然と漫画や雑誌が積み重ねられていた。

 その頃、バイト先で知り合った友人とよく、オムライスを食べた。客はあまりなく、静かな店だった。就職できるのかどうかも分からず、勉強もあまりせず、バイトと遊びの日々を送っていた。白髪の少し混じった店主は、無愛想でいつもクラッシックの曲が流れていた。

壁にかかった絵を見て、私は尋ねた。

「これは、船の絵ですか。」

「ええ、そうです。宇宙船なんです。」

「宇宙船?」

「ええ、宇宙を旅するのが趣味なんです。」

店主は、そう言った。

                 ―――― 了 ――――
スポンサーサイト



プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR