fc2ブログ

NEXT LIFE  銀座の画廊 1

 その日、迎えの船が来た日のことだ。

 私は、銀座で絵を見ていた。その画廊の狭い入り口を入るとすぐに階段があった。ぐるぐると回って2階に上る。手すりは真鍮製なのか黄色く輝いていた。壁には、小さな額縁に絵がいくつかかけられていた。その内の一つは、青い背景にレモン色のおかっぱ頭の少女が、髪の間からぼんやりとにじんだ青い目でこちらを見ていた。空には黄色い月のようなものが浮かびその輪郭はやはりぼーっと滲んでいた。空の色は少し暗い藍色で雲のようなものが幾筋か輪を描くように浮かんでいた。

 少女の体は少し違和感があった。まるで、体全体は背中を向けて向こう側を向いているのに顔だけがこちらを見ているような奇妙なねじれを感じさせた。

 2階からエレベーターで7階に上り、そこで降りた。小さな部屋に入ると、麻で作られた薄いブラウスや、スカートがかけられていた。ほかにも、粘土でできた人形や、人形の暮らす家や、庭、それから和風と洋風の入り混じったビルが連なる街。その建物に取りつく様々な妖怪たち、などのオブジェ。

それらが、無造作に、あるいは雑然と置かれたように見えた。

 部屋を出ると、廊下があり、その壁にも額が飾られていた。短い廊下の先に階段をのぼると、また部屋があり、いくつかの絵が飾られていた。白い画布の中央を空へと駆け昇るように道が走り、その両脇には鳥が飛び立ち、その上をバラの花が舞う。中央の道を立派な角を持った牡鹿がかけてゆく。その絵のバラと牡鹿が私の記憶に残った。

 部屋を出て廊下の先の突き当りには一段上がった小部屋にコーヒーサイフォンと思しきものがあり、その先の誰もいないの屋上にはテーブルと椅子があった。屋上から銀座の街が見えた。その日はよく晴れた冬空で、遠く晴海のタワーまで見渡せた。
スポンサーサイト



NEXT LIFE 第一章 銀座の画廊 2

 7階に戻ると、エレベーターの前で黒いコートの女性とすれ違った。長い黒髪に眼鏡をかけたその女性の残り香がエレベーターの中の狭い空間を満たしていた。1階のボタンを押して、来る時には1階があることに気が付かなかったのだと思い、少し不思議な気がした。

 1階で降りると、目の前に開かれたドアがあり、正面は工事中の隣のビルの壁がすぐ目の前に迫っていた。一人通るのがやっとのその、隣のビルとの狭い境界を通って右手の表通りに出た。人気のないその通りは、普段の知っている銀座とは違っているように思えた。少し歩くと、黄色い髪に青い目をした少女が、もうみんな待ってるよ、と呼びかける。

 みんなって、誰の事かと訝しげに思い、少し目を凝らすと、川岸の上で懐かしい人の顔が2,3見える。誰とはハッキリ思い出せないのだが、何故だか懐かしい気持ちになり、川岸に並んで腰かけ、ビールを飲みながら空を見上げる。昔ばなしに花が咲き、大声で笑いながら、ふとこんな事はもうないのだなあ、と思う自分に気づく。見上げた空には、いつの間にか無数の星が光る。空一杯の星をみながら天の川かな、などと言いながらいつの間にか、夜空になっていたのだなと思い、友人の顔を見ると、見知らぬ老人の顔をしている。

 そうかと思うと、星の光と思っていたものが、無数の窓の明かりになり、天の川は、天の端から端まで続く巨大な船になる。船からはタラップが伸びてきて、地上に着くと大勢の人々がにこやかに笑いながら降りてくる。すると、あれは皆死んだ人だ、と誰かが言うのが聞こえる。そんなはずはないよ、と思い降りてきた人と、握手をする。ほら、こんなに暖かく柔らかい手をしている、生きているんだよ、と言って振り向くとそこにはもう誰もいなかった。

大勢の人と共に、幾千頭の馬と、立派な角をした鹿が下りてくる。そして、それに続いて、大きな棺を担いだ人々が通り過ぎる。人々は、復活の時が来た、大王様の復活の時が来た、と叫んでいる。

棺の蓋が開き、中から牡鹿の角を被った大王様が立ち上がると、人々は大王様と呼ぶ。大王様は、また皆とあえて喜ばしいという。一本の路が天上に向かって空を広げると、牡鹿と馬がその路を駆け上がる。翼を持った鳥が何百と舞い上がり、バラの花々が天上から舞い落ちる。

その路を、大王と従者たちが登ろうとする。

NEXT LIFE  銀座の画廊 3

 船から、音楽が聞こえ、いつの間にかドレスで着飾った人々がワルツを踊りだす。賑やかなそのダンスパーティーの様子に見とれていると、長い黒髪の女性が踊りませんか、と手を差し伸べてくる。踊りながらその人から漂う香しい匂いに心がざわつく。あなたも大王様と一緒に路を上るのですか、と問いかける。すると、その人は、私にはまだここに思いが残っています、という。大王様は何処へゆこうとしているのでしょうか。その人は黙って答えなかった。

 その人の匂いには覚えがあった。確かエレベーターですれ違った人の匂い、だと思った。長い黒髪が突然私を包み込んだ。匂いにくるまれているうちに、私にその人の記憶が伝わってきた。

 ダンスを踊っている人々は、いつの間にか泥でできた人形になっていた。鮮やかに彩色されて、まるで生きているように見えるのだが、音楽がやむと同時にみんな動かなくなってしまった。

 大王とその一行は、まだ路の途中だった。空には黄色くにじんだ月と、赤い星が見えた。船は誰もいなくなって、静まり返っていた。夜の暗闇の中で、私とその人だけがまだ生きていた。

 この船に乗るのですか、と私は尋ねた。いいえ、まだ乗れないのです、とその人が答えた。
まだ一日ありますね、少し散歩でもしましょうか、と二人で川岸を歩いた。

空はいつの間にか明るくなり、船の姿も見えなくなり、気が付けば晴海ふ頭の公園を歩いていた。

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR