fc2ブログ

NEXT LIFE  新しい人生 3

「あら、鈴木さんいらっしゃい。おっ、今日は新人さんを連れてきてくれたの?ありがとう。」

「あぁっと、まあ・・・そんなところかな。取り敢えず、水割り頼むよ。」

「新人さんは? 水割りでいいの?」

「はい、水割りで。」

「ねえ、鈴木さん、こちらの方は何てお呼びしたらいいのかしら?」

「あの、清原です。」

「清原さんって、もしかして本名?」

「はい、そうですが?」

「じゃあ、kさんて呼びますね。私は、ゆかりです。これからもよろしくお願いしますね。」

 店のカウンターに座って注文を頼んだ。田口刑事はここでは鈴木と名乗っているようだ。職業柄、こんな場所でも身分を知られてはいけないのだろう。
私はkと呼ばれることになった。

 細長い店は、入口の左手に4人用のBOX席があり、右手の壁際には、2人用のテーブル席が2組並んでいた。BOX席から少し間をおいて、店の左手にカウンターがあり、棚には洋酒や日本酒のボトルが並べてある。

「今日はね、こっちも新人さんがいるのよね。梢ちゃんていうのだけど、こういう仕事は初めてだっていうからよろしくね。」

「梢です、よろしくお願いします。」

 大きな丸いトンボ眼鏡をかけた髪の長い子だった。
ママはいかにもベテラン風のテキパキした感じの女性だが年齢は不明だ。30代から40代の間か?しかし、50代の場合もある、女性の年齢は分からない。こういう世界では猶更だ。

「梢ちゃん、1曲歌おう。デュエット曲お願いしまぁす。」

 田口は既に酔っている。無理もないか、今までの緊張から解放されたのだろう。この星に来てからは、気を許せる相手はいなかったはずだ。

 それは、私も同じだ。何を言っても話が通じない人形相手に、決まった会話を繰り返すだけだ。過去と違う言動や、行動をとると不審な表情を露骨に示される。

 考えても見てほしい、40年も前と同じ言動、行動、リアクションを取れるだろうか。過去と同じ行動、同じ失敗をもう一度繰り返す、ということがどれほどの苦痛か。

 40年の歳月は、物の考え方や、感じ方、そして行動様式、表現などを変える。つまり、別の人間になったといってもよいのだ。 
40年前の自分をもう一度演じるというのは、かなりきつい作業だ。

 それでも、それを演じるのは、そうしなければ排除されるという恐怖があるからだが、もう一つ別の理由もある。つまり、この星の中に、畔倉香を襲った犯人がいるのではないか、という疑いである。

 その犯人から、香を守るためにここに来ていることを、悟られないように警戒しているためでもあるのだ。
スポンサーサイト



プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR