fc2ブログ

NEXT LIFE  新しい人生 10

 中央高速を西へと走る車の中で、波多野は殺されるかもしれないと不安だった。

「どこまで行くんだ?殺すんだったら、さっさと殺してくれ。命乞いはしない。」

「命を取るとは言っていませんよ。ただ、今後は山の中でおとなしくしていろ、とそう言っているだけですよ。もうすぐ着きますから。」

  相模湖インターで高速を降りると、さらに国道20号を山梨方面へ向かい、上野原についた。上野原の街を抜けて北へ向かい山の中に入ってゆく。

 甲州建設という看板の前で止まる。道路に面して砂利を敷いた広い敷地があり、プレハブの事務所がたっている。

 事務所に入ると、大柄で、浅黒く日焼けした50代くらいの男がいた。

「遠藤社長お世話になります。山川から聞いていると思いますが、この男です。金慶国と言います。」

「分かった、話は聞いている。後は、こちらでやっておくから大丈夫だ。安心しろと言っておいてくれ。」

「はい、分かりました。それでは宜しくお願いします。波多野さん、あんたここから逃げようなんて思うなよ。あんたの行動は監視されているからな。」

作業員風の男2人はそのまま帰っていった。

「遠藤さん、ここは何処なんですか?私はこれからどうなるんですか?」

「金さん、あんたはこれから、ここで働くことになる。まあ、事務仕事を任せたいところだけど、人目については困るので、当面は建設の現場作業になる。それから、波多野という名前はもう捨てなきゃだめだ。金慶国という名前も使ってはいけない。何か好きな名前はあるかい?」

「名前ですか?そうですねぇ、じゃあ川南一作でいいですか?」

「ああ、いいよ。でも、何故その名前がいいんだ?」

「昔、お世話になった人の名前です。」

「そうか、分かった。じゃあ、これからは川南一作だ。俺は遠藤宏だ、ここの社長をやっている。あんたはこれから、俺の会社の従業員だ。住まいは、プレハブの寮だが、一応個室になっている。宜しくな。」

「あ、はい、宜しくお願いします。」

――― 全く、とんでもないところに来たもんだ。建設現場の寮って、つまり飯場ってことだよな。これじゃ、いつ殺されるかわかったもんじゃない。だが、逃げ出そうにも、一体ここが、どこなのかもわからないし。参ったな。

 結局、波多野はここで川南として当面は生き抜くことを覚悟した。

スポンサーサイト



プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR