fc2ブログ

月の光 22

 メイドは白いカチューシャに白いエプロン、紺色の制服姿で、短いスカートから白い足がのぞいている。髪は緩くパーマのかかったピンク色のボブヘアで目は緑色をしている。何かのコスプレなのか、吾妻清人の好みなのか。

 中西は、張り出したモナの胸に目を奪われている。斎藤も、予想外のことに言葉を失ってしまった。

 「ええっと、あのモナちゃんはここのメイドさんなのかな。」斎藤は、何とも締まりのない質問をして、自分で恥ずかしくなった。

 「はい、ここで清人お坊ちゃまのお世話をさせていただいています。どうぞごゆっくりなさってください。」

 出された麦茶に口をつけると、ほんのり甘い味がした。何を質問したものか、考えあぐねてしまい、思わず窓の外を見ると、ゆっくりと動いている。不意に列車が加速し、思わず身体が締め付けられた。

 「何だ、列車が動き出したのか?」斎藤が思わず、声を上げた。中西も驚いて、窓の外を見る「そうみたいですね、確かに進んでいますよ、斎藤さん。」

 「ちょっと、モナちゃんこれは、この列車は動いているのか?」斎藤は、そんなことはあり得ないと思いながらも、たまらずモナに尋ねた。

 「いいえ、これはモニターです。列車の旅の気分を味わっていただくために、このような装置になっているんです。」モナはニッコリ微笑んで答えた。

 『しかし、この揺れる感じと、加速度で締め付けられような感覚は、実際に動いているとしか思えない。』斎藤は、モナの説明を聞いても、疑念は消えなかった。

 列車はスピードを増してゆき、遠くに海岸線が見えてくる。更に速度は上がり、遂に窓の外は光で真っ白になった。と、次の瞬間には、急に減速し、どうやら海沿いの山際に到着したようだ。窓の外には海辺の景色が広がり、眼下に緑の島々が点在しているのが見える。

 「ここは、どこに着いたんですか、ずいぶん綺麗なところですよねえ。」

列車が止まり、中西が感動したように尋ねた。

スポンサーサイト



プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR