fc2ブログ

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 8)

タブレットの解読の8日目

講師オズメクは言う。

「遊牧民達は大陸の東から西へと、絶え間なく移動してゆきました。一つの部族が西へ移動すると、

その空いたスペースに新たな部族がやってくる、という状態でした。

彼らの一番の武器は馬でしたが、その馬は広い放牧地を必要としていたのです。

その為、草原が枯れてしまうと、次の草原を求めて移動を繰り返すのです。

西の方では、東からくる遊牧民の為、まるで玉突きのようにさらに西へと移動して、ついに海岸までやってきました。

ジームラ・ウントの人々も、海岸へと押しやられたのです。

海の向こうには、海上貿易や漁業をする人々がいました。彼らもまた、大陸の人が動物や植物から

エネルギーを得たように、魚や海藻を利用していました。

彼らの移動手段は船でした。これは遊牧民の知らない乗り物でしたので、海岸まで追い詰められた

ジームラ・ウントの人々は遂に海を渡る決意をしたのです。

海の向こうの人々はルーム人と呼ばれていました。

実は、この人々もかつては大陸にいたのですが、はるか以前にやはり、海を渡ってきたのでした。

この人々のことは、伝説となっていて、メサスやジームラ・ウントの人々の間では、

『西の海にルームと呼ばれる大国があり、人々は平和に暮らしている』

と言われていたのです。

この頃、メサスでは、唯一神ハジュに対して疑う人々もいました。

かつて帝国だったメサスも今では小さな都市の一つとなり、メルキト・サラカン連合軍に支配されていたからです。

そのような時代の中で、一人の予言者が現れました。

予言者はケマルと言い、解放奴隷の一人でした。

古代には戦争で負けた国の人は皆奴隷となっていました。

これは、奴隷の労働力が必要とされていた為で、現代のような差別的な意味合いではありません。

これは大事なことなのですが、古代の文明では現代よりもむしろ合理的で、エネルギーを得るという

目的を第一に考えられていて、その為に最も合理的な方法が選択されていたのです。

人は第一に労働力として考えられていました。

そして、一定の労働の成果を上げれば、解放奴隷として自由を得られたのです。

ですから、都市の富裕層にも政治を行う議会にも解放奴隷がいました。

その出自は、問題とはされなかったのです。

そのような解放奴隷の一人であったケマルは、宗教改革を行いました。

新しい予言を得たのです。そして、中世を特徴づける信仰の時代を開いたのです。

次回は、ケマルの宗教改革について学びたいと思います。」

私は、ケマルの宗教改革もそうだが、むしろ海の向こうのルーム人というのが気になった。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR