fc2ブログ

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 22)

タブレットの検証 2

 シミュレーターからは、ヨルダネスが見たルーム・ノヴァスの情報は不明だった。
ペーシュウォーダがなぜ、去ったのかもハッキリとはしない。
ただ単に流星群の飛来の前に去ったというだけであった。

 惑星ルーム・ノヴァスの人々が、何故いなくなったのかも不明だ。それだけではない、結局このタブレットがいつ記録されたのかもわからない。私が解読した以上のことは一切不明のままだ。

アラン教授は、シミュレーターの結果に満足しているように見えた。何の問題もないからだ。

「この検証結果を見る限り、この惑星には何の問題もないようだ。彼らは、この惑星を放棄して宇宙へ飛び去ったのだろうが、恐らくそれも、何らかの環境の悪化の為だったと思える。後は、実際に惑星の環境を調べることでしかわからないだろう。

 この惑星は、我々人類へのプレゼントになるかもしれない。
連邦政府にはそのように報告するつもりだ。」

アラン教授は上機嫌だ。
「オリガ君、セルナ君、ご苦労だったね。ありがとう感謝するよ。連邦政府にも2人の努力と功績を報告するつもりだ。」

そう言ってアラン教授は帰っていった。

「セルナ君、お疲れ様。ありがとう、本当に助かったわ。」

「いえ、僕は何も、ただ解読しただけですから。」

「それにしても、凄い速さで解読するのね、驚いたわ。」

「僕は、元々バックエンドでの作業専門なので、2進法の方がむしろ普通の言葉よりわかりやすいくらいなんです。0と1だけで、結果を迷う必要がありませんから。」

 セルナ君は、私から見るとまるで自動人形のように、淡々と無表情に作業していた。
「今日は、どうこれから2人で打ち上げでもする?」

「いえ、プライベートでの付き合いは苦手なので、これで帰ります。お疲れ様でした。」

セルナ君は帰っていった。

私は、まだタブレットの疑問が解けずにしっくりこないままだった。

その夜、不思議な夢を見た。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR