fc2ブログ

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 40)

 私セルナ・ラガシュは、教主の話を聞いた。
しかし、それは私の想いとは違うものだった。
教主は既に、世界を変えることを諦めている様に、私には見えた。

 私は、何故か話を聞いているうちに悔しさを覚えた。私はジームラ・ウントの文明を見た。
彼らが、彗星を攻撃し破壊するのを見た。人々が破滅の淵に立たされ、置き去りにされる様子を見た。

 それらの光景を見ているうちに私の心に忍び寄る影を感じた。
何故か無性に、攻撃し破壊したくなるのだ。
その思いは、教主に拒絶されたことでさらに強くなっていく。

この思いは何だろう?
悔しさと怒りと、孤立感と、絶望感がまじりあった、この黒い感情は何だろう。

「教授、セルナです。ジームラ・ウントは彗星を攻撃し破壊しました。僕は、これからジームラ・ウントの攻撃兵器を調べてきます。」

「教授、セルナ君からの連絡です。ジームラ・ウントが彗星を破壊したと言っています。」

「ジームラ・ウントが彗星を破壊した?ではあの爆発はジームラ・ウントの攻撃だったというのか?」

「はい、そのジームラ・ウントの攻撃兵器を調べてくると言っています。」

「分かった、セルナ君に伝えてくれ。ジームラ・ウントの兵器のデータを残らず調べるようにと。
そして、彼らの宇宙船のデータも調べるように言ってくれ。」

「はい、分かりました。そのように伝えます。」

アラン教授は、これでジームラ・ウントの文明が手に入る、と思った。

『セルナ君が、宇宙船と攻撃兵器のデータを持ち帰ってくれば、それを利用してERUが優位に立てるだろう。地球を支配しているのはCTUではないことを、彼らに想い知らせねばならない。』


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR