fc2ブログ

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 41)

ジームラ・ウントで。
「総理、メサスの神官セルナ・ラガシュという者が来て面会を希望しております。ルーム人の伝説に関して話したいことがあるといっておりますが。」

「それは、どのような事ですか?」

「ペーシュウォーダの『創世記』という書物を持っていて、その中にルーム人の滅亡に関する記録があるということです。」

「ルーム人の伝説については、はるか昔にヨルダネスという者が持ち帰って調べたはずですが。」

「はい、ですがそのヨルダネスは、残りの記録について調べるといってアシナ島へ行き、そのまま消息不明となっているのです。」

「それでは、私達の知らない記録がまだあるのですか?」

「恐らく、その事についての話だと思われます。如何いたしましょうか?」

「分かりました。官房長官はその事について、検討してください。もしその記録が重要なものであるのならば、話してみましょう。官房長官にそのように指示してください。」

数日後、官房長官からセルナ・ラガシュに連絡があり、総理との面会の許可がおりた。

「総理、私はメサスの神官をしております、ラガシュ家のセルナと申します。面会をお許し下さり感謝いたします。」

「ルーム人の伝説について私たちの知らない記録があると聞きましたが、どの様なことですか?」

「はい、最初に申し上げておきますが、これは予言などではなく、事実の記録なのです。ですからそのおつもりでお聞きいただきたいのです。そして、これは私たちの未来に関わる重要なことなのです。」

セルナは、ルーム人がかつて、彗星に攻撃されこの惑星を捨てて、宇宙に逃れそのうちの一部は地球という惑星に行ったいきさつを話した。

「このように、記録では彗星が現れたと述べています。私たちもまた、この彗星に攻撃される恐れがあります。その為に、私たちは、彗星に対する備えを急ぐ必要があるのです。」

「あなたは、どのようにすればよいと考えているのですか?」

「私は、彗星が攻撃する前に破壊する必要があるのだと思います。この彗星は、初めは小さくそのうちに巨大化して近づいてくるのです。ですから、それが十分に小さく遠いうちに攻撃して破壊すれば良いのではと思います。」

「しかし、私たちの技術では攻撃する手段がありません。何か良い対策があるのですか?」

「はい、ルーム人の残した文明を利用して、核融合プラズマ砲を開発するのです。そうすれば、彗星を破壊できるはずです。」

「核融合プラズマ砲ですか、それはまだ実用化できていません。またその予定もないのです。あまりに危険な兵器ですから。」

「ルーム人の残した設計図があるはずです。それを基に作れるはずだと思います。」

「あなたのお話は分かりました。一度、政府内で検討してみます。」

 セルナは、真剣に話しているのだが、総理の返事はつれないものだった。
同時に、セルナは何故自分が攻撃を急いでいるのか、自分でも何を焦っているのか、自分自身に苛立ちを覚えていた。

『滅亡が迫っていることを、どの様に伝えればよいのか?
本当に、攻撃する以外に方法はないのだろうか?
自分は自由と平和を願っているはずだが、実際には攻撃するように勧めている、どうしてなのか?』

『私は、滅亡した未来を見ている。また、滅亡した過去も見ている。
同じことを繰り返したくないのだが、何故かまた滅亡の道を歩んでいるのではないか?』

自問自答するのだが、自分の中で矛盾が起きていた。それが苛立ちを招いていた。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR