fc2ブログ

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 72)

日本チームの研究室で。

その頃kは、自身の記憶を物語にしていた。

私kは、日記などはつけたこともない。また自分自身を含めて、全てにおいて表現するということが苦手である。

そんな私が、それでも、何らかの生きた証を残したいと想ったのは、きっと心の奥では誰かと語りたいと思っているからだろう。

ここに記すのは、私が経験し又は、私の知人が経験した事及び想起したことである。

私がロクサーヌという自動人形を作り自分をそれに託したのは、芦名史人という人物(友人?またはただの通りすがりの人?)との出会いがあったからだ。

その事について思い出す限りのことを記したいと思う。

回想 1 貿易風という名の喫茶店での店主との会話
その頃私は、清原真人と名乗っていた。店主の名前は安倍と言った。

「壁にある写真は、何の写真ですか?」

「ああ、あれは僕の趣味で、帆船とか旅の途中で見た珍しいなと思ったものを記念に写真に撮ったんですよ。左の船は、僕としてはコンティキ号のつもりです。コンティキ号って知ってますか?」

「いいえ、何ですか?」

「ヘイエルダールという冒険家が乗っていた船の名前ですよ。彼はイースター島から南米まで船で昔の人が渡ったという仮説を立て、それを実証する為に、自分で船を作って太平洋を渡ったんです。その船の名前がコンチキ号なんです。」

「へえー、冒険が好きなんですか、マスターは?」

「ええ、まあ憧れてたんですね。
でも、実際は冒険何てできませんでした。旅行は好きでしたけどね。」

「そうですか。そう言えば、この店の名前『貿易風』というのは何か意味があるんですか?」

「貿易風というのは、まあ僕のイメージですけど、アフリカ東岸やアラビアから、インド更には東南アジアへ風が吹いているんですけど、その風を利用して、昔の人は船を繰り出して貿易をしていたんです。

その風を貿易風と言うんですよね。ギリシャやローマではヒッパルコスの風と言っていたそうですけど。まあ何となくロマンを感じて貿易風という名前にしたんですよ。」

「そうですか。じゃあ、あのラクダの写真はシルクロードの写真ですか?」

「そうなんですよ。サマルカンドで撮った写真です。」

「ところで、いつも一緒に来られる方は、今日はご一緒じゃないんですか?」

「ああ、あいつはこの頃、具合が悪い様子で、アパートで休んでいるんです。」

「ご心配ですね。風邪ですか?」

「いえ、それが、おかしな夢を見るらしく、夢から覚めても気分が落ち込んでいる様なんです。」

「どんな夢なんですか?」

「夢の中で、誰かが助けを呼ぶので、助けに行こうとすると、真っ暗な所に引きずり込まれそうになって、必死にもがくと、汗びっしょりになって目が覚める、そう言っていました。

その『助けて』と呼ぶ声が妙に真に迫っていて、気になっているのだ、と言っていましたね。」


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR