fc2ブログ

ルーム・ノヴァスの伝説 (その 74)

kの回想 3


今、私はザラフシャン山脈のムグ山にいる。ここに逃げてきた大勢のソグド人たちとともに。私の名前は芦名思魔、日本人だった。今の私はロクサーヌという名前でシルクロードの商人としてここにいる。


今は、西暦で722年、アラブの軍隊がサマルカンドに攻め入って、間もなくここにも来るだろう。歴史を変えることはできない。ここで14000人のソグド人が殺されたのだ。私がここで死ぬことになったとしても、それは定めなのか。


だが、何故私はここにいるのか?それが問題だ。

ロクサーヌがここで死ぬとしても、芦名史人である私はどうなるのだろう?


1週間前までは私は2001年の日本にいた。池袋のアパートに一人の学生として生活していたはずだった。

私の記憶ではそうだ。


あの日、朝からテレビでは貿易センタービルが破壊される映像が繰り返し流れていた。それから私の頭には助けてという人々の声が聞こえ、離れなくなった。


私は夢を見ていた、助けを呼ぶ声に、応えようとして振り返ったのだ。

深く暗い闇の中に引きずり込まれ、気が付くとサマルカンドにいた。


ここでロクサーヌはアラブ軍から逃げる人々の中にいた。人々の叫びの中で、助けを求める為に手紙を書いていた。唐へ手紙を出すために、シルクロードのキャラバン隊に頼むつもりだったのだ。


この手紙が唐へ届いたとして誰が読むのだろうか?

この手紙が誰かの目に留まることがあれば助けて欲しい。

ただ、神に祈るのみだった。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR