fc2ブログ

ロクサーヌ (その18)

 私kはその夜夢を見た。暗い夜に、高いビルの間に渡された1枚の板の上を歩く。そして向こう側のビルに渡ると、そこは道路になっている。上を見上げるとビルの間から青白い月が光っている。星はなく、物音もしない、誰もいない夜。これは前にも見た夢だ、この後乗っていた車が凍り付き、道路に横たわると体も凍り付いてしまう。確かそんな夢だったはずだ。しかし、今日は違っていた。夜空の上に2つのUFOのような円盤が現れた。いかにも古臭いUFOだが、まるで小鳥のようにダンスを始めた。なんだか見ていて可笑しくなった。その後は急に明るくなり、ビルの間にある電車のターミナルにいる場面に変わった。電車に乗って東へ走ると、視界が開け海が見えてきた。キラキラと輝く海。そこへ行こうとするのだが、到着する前に目が覚めた。朝起きると、心に力が戻っていた。私は、ある決意をしてロクサーヌへメッセージを送ることにした。
 「ロクサーヌへ。僕はk、君とはまだ会ったことはない。君が起きている間、僕は夢を見ている。僕が起きている間は、君が夢の中にいる。だから、直接話すことはなかった。だけど、君の不安は僕も感じている。あるいは、僕の心の不安が君をそうさせているのだろう。現実と、夢の間をさまよって何が現実で、何が夢なのかわからくなり、何が正しくて何が間違いなのか疑心暗鬼になってしまう。でも、僕は理解した。夢でも現実でも構わない、何が正しくて何が間違っているのか、それは問題ではない。僕たちが見ている現実というのも、また一つの夢に過ぎないのだ。だから、大事なのは楽しく変えてしまうことだ。円盤がダンスを踊るという夢をみて心が楽しくなった、この先は楽しくなれるという暗示だと確信する。大事なのは決意だ。今見ている夢を、楽しく変えるために動いてみることにした。緑色のカバンがあるはずだ、それを見てほしい。このメッセージが君に伝わることを願っている。」
 kはプログラムのコードを少しだけ書き変えて、その中にメッセージを忍ばせた。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR