fc2ブログ

NEXT LIFE 第一章 銀座の画廊 2

 7階に戻ると、エレベーターの前で黒いコートの女性とすれ違った。長い黒髪に眼鏡をかけたその女性の残り香がエレベーターの中の狭い空間を満たしていた。1階のボタンを押して、来る時には1階があることに気が付かなかったのだと思い、少し不思議な気がした。

 1階で降りると、目の前に開かれたドアがあり、正面は工事中の隣のビルの壁がすぐ目の前に迫っていた。一人通るのがやっとのその、隣のビルとの狭い境界を通って右手の表通りに出た。人気のないその通りは、普段の知っている銀座とは違っているように思えた。少し歩くと、黄色い髪に青い目をした少女が、もうみんな待ってるよ、と呼びかける。

 みんなって、誰の事かと訝しげに思い、少し目を凝らすと、川岸の上で懐かしい人の顔が2,3見える。誰とはハッキリ思い出せないのだが、何故だか懐かしい気持ちになり、川岸に並んで腰かけ、ビールを飲みながら空を見上げる。昔ばなしに花が咲き、大声で笑いながら、ふとこんな事はもうないのだなあ、と思う自分に気づく。見上げた空には、いつの間にか無数の星が光る。空一杯の星をみながら天の川かな、などと言いながらいつの間にか、夜空になっていたのだなと思い、友人の顔を見ると、見知らぬ老人の顔をしている。

 そうかと思うと、星の光と思っていたものが、無数の窓の明かりになり、天の川は、天の端から端まで続く巨大な船になる。船からはタラップが伸びてきて、地上に着くと大勢の人々がにこやかに笑いながら降りてくる。すると、あれは皆死んだ人だ、と誰かが言うのが聞こえる。そんなはずはないよ、と思い降りてきた人と、握手をする。ほら、こんなに暖かく柔らかい手をしている、生きているんだよ、と言って振り向くとそこにはもう誰もいなかった。

大勢の人と共に、幾千頭の馬と、立派な角をした鹿が下りてくる。そして、それに続いて、大きな棺を担いだ人々が通り過ぎる。人々は、復活の時が来た、大王様の復活の時が来た、と叫んでいる。

棺の蓋が開き、中から牡鹿の角を被った大王様が立ち上がると、人々は大王様と呼ぶ。大王様は、また皆とあえて喜ばしいという。一本の路が天上に向かって空を広げると、牡鹿と馬がその路を駆け上がる。翼を持った鳥が何百と舞い上がり、バラの花々が天上から舞い落ちる。

その路を、大王と従者たちが登ろうとする。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR