fc2ブログ

NEXT LIFE 銀座の画廊 4

 晴海の港に船が着き、また出てゆく。何処から来て何処へ行くのか、船が着くたびに降りる人と、また乗る人が交差する。幾つかの小さなボートが遠く波の上を走ってゆく。

 港を過ぎて、左手に白バイ隊の訓練をする様子が見える。右手のホテルの1階の窓からランチの食事をする人が見える。港を背にしてさらに進むと、林立するタワーマンションが見え、そこを過ぎれば古びた昔からの倉庫街がある。倉庫街の路地に入れば冬の日差しにさらされた鰹節から、茶色い湯気がたち昇りぼんやりと空気を滲ませる。その匂いが鼻腔をくすぐり体いっぱいに入ると、突然日常がよみがえった。

 あぁそうだ、池袋に行かなければ、と用事を思い出す。その途端、あたりの景色は一変し、私は銀座の雑踏に立ち戻る。正面に西銀座のショッピングセンターが見える。後ろには銀座三丁目の交差点。ゆっくりと現在地を確認し、意識を呼び戻すと、道路を渡り地下鉄の入り口を降りていく。

 うねうねと続く地下道は工事中の所為か、より一層狭く複雑に感じられる。日比谷線のホームを過ぎて、丸ノ内線へ向かう。やって来た電車に乗り込むと椅子に腰かけた。

 先ほどまでの景色を思い返して、ぼんやりしていると、不意にドア付近に青い目の少女が立っている。少女は私に向かって「おじちゃん、船に乗らないの?何処へ行くの」と問いかけるので「おじちゃんは、しなければならない事があるんだよ。これから池袋に行くんだよ」と答える。

 「お嬢ちゃんはどこへ行くの、一人なの?」と尋ねると、いつの間にか隣に座った人が「あんまり話していると、おかしな人に思われますよ」と言うので振り向くと、黒いコートの女性だった。「おばちゃんは、どこへ行くの?」と少女が尋ねるとその人が「おばちゃんじゃないでしょ、お姉ちゃんでしょ」と言う。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR