fc2ブログ

NEXT LIFE  ガネーシャ 8

 客間と廊下で隔てられた向かいにも部屋があり、ドアが少し開いていた。その向こうに、車いすの老人が見えた。一瞬その老人と目が合ったような気がした。じっと、ドアの隙間からこちらを監視するかの様な、険しい目つきだった。
 
「このガネーシャの置物は波多野が、響子にプレゼントしたものだそうです。波多野が財産を失ってどこかへ行ってしまった後も、響子はこれだけは大事にしていたそうです。

ガネーシャは商売の神様で現世の利益をもたらすそうです、響子はこれをお守りにしたのでしょう。響子は香を私たちが引き取った際に、これを香に持たせてたのです。」

 ガネーシャは、左肩から右わき腹へと、刀で切られた様に綺麗に割れていた。私は、これを見た時に山名氏が語らなかったガネーシャの由来を思い出した。

 インドの神話の一つだが、シヴァとその妻パールヴァティ―の子供がガネーシャとされる。シヴァが家を留守にしている間、寂しくなったパールヴァティが自分の身体の垢や塵、泥などから作ったのがガネーシャだ。

 だからガネーシャは自分の父を知らない。そして、シヴァが家に帰ってパールヴァティの部屋に行こうとしたとき、ガネーシャは父と知らずにこれを阻んだという。怒ったシヴァは、ガネーシャの首を切り落としてしまった。

 悲しんだパールヴァティはガネーシャを生き返らせるようにシヴァに頼んだ。そして、次に通りかかった者の首を切り落としてこれをガネーシャの身体につけた。それが象だったので、ガネーシャの頭は象になったのだという。

 ガネーシャは商売の神の他に、障害を取り除く神でもあるという。
波多野からこれを贈られたとき、響子はどんな障害があっても2人で乗り越えて行こうという、波多野の気持ちだと信じたのではないか。

 少なくとも、商売繁盛だとは受け取らなかっただろう。そして、香にこれを持たせた時も、香に降りかかるであろう不幸を取り除いて欲しいと、祈るような思いだったのではないだろうか。

 山名氏は本当にその意味を知らなかったのか、それとも敢えて無視したのだろうか。そう思った時に、響子の波多野や、娘に対する本当の気持ちを知らずに育った香が、一層不憫に想えたのだ。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR