fc2ブログ

NEXT LIFE  新しい人生 9

「鈴木さんは、あの車の行き先が分かっているんですか?」

「いやぁ、それは分からないんだけど、ただ此処の所ずっと、あの車が止まっていたんだ。山川に監視されていたんだろう。多分もう戻ってくることはないよ。」

「そうですか、やはりここで行方不明になってしまうんですね。トラックが、東へ向かったのは、金目になるものを処分するためですね。」

「そうだろうね、山川が確認して換金するのだろうね。」

「ところで、鈴木さん。この前あのルナで山川ともめたとき、ゆかりママが助けてくれたけど、どうしてあんなに親切だったんですか?ただのお客とママの関係にしては不自然ですよね。」

「ゆかりさんは、俺の先輩の知り合いだったんだ。先輩に紹介されてあそこに通うようになったんだよ。」

「その先輩は、ゆかりママと付き合っているんですか?」

「以前はね・・・。今は、もう先輩はいないんだよ。死んじゃってね。」

「えっ・・・」

少しの間、言葉が出なかった。

「どうして、病気とか事故とかで亡くなられたんですか?」

「まあ、事故といえば事故だ。でも、不自然だったんだ。」

鈴木は、少し怒ったような、苦しそうな表情で、2本目のたばこにまた火をつけた。

「何があったんですか?」

「先輩は、当時ある事件を追っていたんだけど、その途中で亡くなったんだ。」

「そのある事件とは?」

「ゆかりさんの弟がある宗教団体に入って、連絡が取れなくなったんだ。それで、先輩がその行方を捜していたんだけど、それは正規の捜査ではないからね。会社には内緒ってやつだ。

 その途中で、ビルの階段から転落死した。アルコールの反応もあったので、酔って足を踏み外した、という形になったけど。休みの日でもないのに何故、関係のないビルにいたのかが問題になって、結局うやむやにされたんだよ。」

「もしかすると、殺されたかもしれない、ということですか?」

「俺はそうじゃないかと思っているよ。」

「そうですか。じゃあ、ゆかりさんは鈴木さんが刑事だってわかっていたんですね。だから、事件を起こさないようにこの前は、かばっていたんですね。」

「まあ、そういうことだ。」

「ふうん、そうですか。で、鈴木さんは、今もあそこに通っているのは何故ですか?先輩の為ですか?」

「うむ、今もゆかりさんの弟は行方不明のままだ。ゆかりさんにしてみれば、大事な人を2人も奪われたんだよ。可哀そうじゃないか。だから俺も、先輩の跡を継いで、弟さんを探しているんだよ。」

「ふうん、そういうことですか。じゃあ、これから行きますか、ルナへ。この先どうするのかも、話さなきゃいけないし。」
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR