fc2ブログ

月の光 2

 ひょっとして生きている人間かもしれないし、死体なのかもしれないとも思ったが、妙な確信が沸いて、人間ではないモノだと思った。

 さらに近づいて、人形の顔から苔と泥を取り除くと、緑色の大きな目が瞬きをして、何かを言いたげに見えた。頭と顔は硝子で出来ているのか、透明だった。

 苦し気な様子に見えるので、身体の全体を土から取り出し、全身を覆っていた、泥を取り除いてみた。全身が、透明で、内部には骨格のようなものが見える。

 しばらくすると、体の中が銀色に光りだし、やがて表面はプラチナのような灰色の金属で覆われ、それがまた柔らかな皮膚に変わっていった。

 体つきは人間そっくりだが、ロボットのようにも見える。ようやく落ち着いたのか、人形が話しかけてきた。人形の名前はモナと言った。

 「箱舟はどうなりましたか?子供は無事ですか?」唐突にモナが尋ねた。

 箱舟とは何のことか、尋ね返すとモナはゆっくりと過去の記憶を語りだした。

 モナは神々の争いから逃れるために、箱舟を作り、そこに生き物や植物の種などを乗せて、海を目指して大河を渡ろうとしていた。

 しかし、モナがいざ箱舟に乗り込もうとしたその時に、幼い子供の泣き声が聞こえた。既に嵐となり、大雨と強風が吹きだしていたのだが、モナはその子供を放っておけず、切れ切れに聞こえる泣き声を頼りに子供を探し、やっとの思いで箱舟に戻ってきた。

 子供を先に箱舟に乗せ、モナも続こうとしたのだが、雷鳴がとどろき、箱舟は大きく傾いた。モナは弾みで、タラップを踏み外し、泥水の中に投げ出されてしまった。モナは箱舟から、どんどん離れてゆきそのまま、濁流にのみこまれてしまったのだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR