fc2ブログ

月の光 40

 「それでは、君は古代バビロンの文明を築いたものは、エ・モナで、そのエ・モナを作った別の文明人はどこへ行ったと考えているのかね。」高岳所長は、吾妻の話を聞きながら、怪訝そうに眉をしかめた。

 「神々が争って、5万年前に古代バビロンは滅びたのでしょう。その争った神々と言うのが空の上にいたのだろうと思います。今もまだ、どこかの空の上にいるのかも知れないと思っています。

 そして、箱舟はエ・モナが作ったものでしょう。だからあの楔形文書のタブレットは、彼らの子孫に向けたものではないのかも知れません。彼らとは違う、文明を持つ種族が解読するのを待っていたのだと思います。」

 「そうすると、君の考えでは、あれは地球人類のもではない、と言うことか。」

 「はい、そう思っています。あれが宇宙船だとしても、古代の人類ではないと思います。むしろ、彼らの呼ぶ、巨人族が地球人類だったのではないかと、考えています。」

 吾妻は、自説を淡々と述べたのだが、それは高岳には納得しがたいものだった。

 「しかし、いくら何でも、それは荒唐無稽すぎる。考えてもみたまえ、5万年前に文明があった、と言うだけでも、学界では捏造だと言われた。勿論、私は君を信じているからこそ、こうやって研究を続けさせているのだ。
 
 それでも、その結果が宇宙人の文明だった、と言うのでは、誰も納得しないだろう。どうやってそれを証明するのだ?証拠は、タブレットの解読だけだろう。文書自体が信用されていないのだよ。」

 高岳はもはや、不快感をあらわにした。25年間の研究の成果が、台無しになる、と思えたのだ。

 それでも、吾妻は自説を譲らず、更に最近の事件まで結び付けた。

 「このところの事件ですが、列車ハウスの近くで蜂が雲の中から出てきた、と聞きました。それこそ、空の上に彼らがいるという証拠ではないでしょうか。彼らが、攻撃を仕掛けてきた可能性があると考えます。」

 熱を帯びたように、自説を主張する吾妻を見て、高岳はすでにあきれたような表情になり、『吾妻は、一体何を言っているのだ。異国の地で25年もタブレットの解読を続けたのが、やはり長すぎたのか。』と、研究を続けさせたことを内心では後悔した。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR