fc2ブログ

ロクサーヌ (その77)

2051年9月11日 錦糸町
私は、マスターに『消滅』について、もっと詳しく聞いてみた。
「消滅は、初めは山手線の内側の再開発だと思っていた。
老朽化したマンション、ビルなどを立て直すために、立ち退きを迫られたんだ。
それで私は、山手線の外側に移った。
 その頃、世界では、イスラムのテロや、貧困からの移民や、各地域での内戦などが頻発していた。アメリカは世界の盟主であることを辞めた。アメリカ大陸の中での移民や、内戦が大きくなりすぎた事もその原因の一つだ。
 ユーラシア大陸では、中国とインドの争いも激しくなり、更にイスラムの中での宗派対立もエスカレートすると言った状態で、アメリカが世界を統治するメリットが無くなったんだ。アメリカはその科学技術とエネルギー革命で益々繁栄し、ユーラシアや太平洋諸国を必要としなくなった。
 ユーラシアでは、ヨーロッパとロシアが同盟を結んだ。中国に対抗するためだ。
世界は、いくつかのブロックに分かれたが、実際に戦争が起きたのかどうかは知らない。
 ただ、2040年頃には、日本でも変化が起きた。山手線の内側には皇居を除いて、全ての建築物が無くなった。アスファルトで固められたんだ。そして、新しい法律によって空き家や、相続されない建物はすべて国家の所有とされた。
人口も減少していたから、インフラを維持することもできなくなったんだと思った。
その内に、都心の一部に新しい街ができた。街が作り替えられているのだ。
この変化がどこへ向かっているのかはわからないが、山手線の内側の他の街はアスファルトに塗り固められすべて消滅した。
今はまだ、この錦糸町は以前のまま存在しているが、何時消滅しても不思議はない。」
「どうして、世界で戦争が起きたのかどうか知らないのですか?」
「戦争は実際起きたのかもしれない、しかし私の知る限り、戦争が起きたとは聞いていない。
 私は、テレビしか見ていないのだが、そのニュースが本当なのかどうか疑わしいと思っている。
というのも、一時インターネットが流行り人々は自ら情報を発信するようになった。
その時は、私もインターネットを見て、テレビとは違う情報に驚いたものだ。
しかし、情報があまりに多すぎるのだ。同じニュースが何百万回、何千万回、何億回と繰り返される。少しずつ違った情報も、膨大な数だけ発信される。
 知りたいニュースよりも、余計な知りたくない情報の方が多すぎる。たった一人の人間が一日にどれだけの情報を発信しているのか。その殆どは、プログラムされた情報のコピーに過ぎない、そんなものは欲しくないのだ。
 そして本当の情報を、生身の声というものを探し出すのはほとんど不可能に思えた。だから、テレビしか見ていない。そして、テレビでは、戦争やテロのニュースは見ていない。
2023年にこの錦糸町に来た時、私は63歳だった。今はもう91歳になる。ところが、私は、35歳の頃のままだ。世界は、変化した、今も変化している。しかし、私はもうその変化についてゆくのを止めたんだ。その為かどうかは知らないが、今私は自分の認識としては35歳に戻ってしまったんだ。」
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gasset

Author:gasset
FC2ブログへようこそ!
歴史的事実に改編を加えた妄想小説です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR